理系スタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS 大学院への進学

<<   作成日時 : 2014/02/22 01:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 3


文系と理系の差として、大学院への進学率の差が挙げられます。

文系で大学院に進学する事は、すなわち研究者への道を歩む事を意味し、大変な決断となる訳ですが、理系の場合は修士であれば、高校生が大学に進学するような感覚で院に進学してしまいます。

理系で普通の成績を収めていれば、大抵は先生に院を進められます。それももっともで、理系の場合、その学ぶべき事項の多さの故、学部の4年だけではほとんど社会に認められる専門性は身につきません。よって、ちょっと専門的な仕事をしようと思えば、院に進学する必要がでてきます。

実際、私の大学でも修士への進学率は60%以上くらいはあったと思います。

もし進路を決めようとしている高校生やそのご両親でしたら、理系に進むということは大学入学時から、大学院の進学も視野にいれておく必要があることを認識してもらいたいと思います。


そのように、理系では大学院への進学は一般的ですが、私はあえて大学院に進学しませんでした。

と言っても、別に勉強が嫌いな訳でなく、それどころか私は人より勉強が好きなほうだと思います。
しかも、私は研究開発の仕事を希望しており、院に進学した方が有利なのは明らかでした。
修士どころか博士までの進学も考えていたこともあります。

それでも、院に進学しなかったのは、このように考えてのことです。

一回社会に出て、本当に必要なこと、大学でしか出来ないことが分かった時に、改めて大学に戻ってきたほうが、有益ではないのだろうか?
社会を知らずに、24年間も学生を続けるのは逆にリスクが高いのではないだろうか?

ただし、一回社会にでてから再び大学に戻ることは、学部卒後普通に進学するよりもはるかに大変ですし、前述のように学部卒だと十分な専門知識がないため、企業に就職しても希望の職種につけるか、という問題があります。(私の経験の範囲内では、企業では一旦職場に配属されてしまえば、院卒と学卒で扱いの差を感じることはありませんが、配属では明らかに差があります。)

さて、私の選択は正しかったのでしょうか?誤りだったのでしょうか?
今のエンジニアの生活の中で、本当に大学で学ぶべきことを見つけ、大学の門をくぐりなおすことができれば、正しかったといえるのでしょう。

でも、数々の障害を乗り越えてその境地にたどり着けるかどうか・・・・
10年、20年後に「あの時、進学しなかった選択は正しかった」と思えるようになっていたいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大卒が低学歴?
実は(というわけでもないのですが)、私は今、転職を検討しています。 ...続きを見る
理系スタイル
2005/09/12 01:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
理系スタイル様、はじめまして。

>一回社会に出て、本当に必要なこと、大学でしか出来ないことが分かった時>に、改めて大学に戻ってきたほうが、有益ではないのだろうか?
>社会を知らずに、24年間も学生を続けるのは逆にリスクが高いのではない>だろうか?

私も学部生の時に同じ様に感じました。そして、社会人になった今もそう感じています。そして、私の場合、再度大学に戻ったのですが、電気科を出たのに今は社会福祉学科へ・・・。人生、何があるかわからないものです。
miu
2005/03/01 19:50
コメントありがとうございました。

実際社会に出て思うのは、また大学に戻るということは意外に難しいということです。それを乗り越えてまで勉強したいことがある、このこと自体が素晴らしい事だと思います。

私もそのような分野に出会いたい。しかし、それに出会うためには今の仕事に十分力を入れることが重要かな、と思っています。
理系スタイル
2005/03/03 01:28
 最近は,博士課程の社会人入試というのがあります.
 私は,機械工学の出で,修士までは普通に出て,就職しましたが,仕事はずっとIT系のことをやっています.
 しかし,4年前に,社会人入試で母校の博士課程(機械工学専攻)に入学して,今年の1月に学位をとりました.交通システム,エネルギー,環境にまたがるテーマです.普段やっている分野とは違う専門的な研究をすると,脳も活性化されるし,新しい視野や人とのつながりも広がります.次は情報系の学位をとるつもりです.

私のblog:
 http:blog.goo.ne.jp/jason_suzuki/
Dr. Jason
2005/07/05 02:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
大学院への進学 理系スタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる