理系スタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS 大卒が低学歴?

<<   作成日時 : 2014/03/08 01:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 7

実は(というわけでもないのですが)、
私は今、転職を検討していたことがありました。

その時、検討する会社の面接に行って、こんなことを言われました。
「あなたは、学卒だけど、修士や博士ばかりの環境で大丈夫ですか?」

平たく言うと、あなたは低学歴だけど、周りが高学歴の環境で、
コンプレックスを感じませんか、ということです。

学歴というものは相対的なものですから、環境により変わってしまいます。
よって、周りが中卒ばかりであれば高卒が高学歴になりますし、
周りが修士や博士ばかりであれば大卒が低学歴になることもある。

いままで特に学歴って意識したことはありませんが、この会社にはいると
私が「低学歴」になるということで、何か不思議な感覚です。


学歴っていったい何なんでしょうか?
博士は、自立した研究者の称号とされますが、よくこのように言われます。

「博士は、足についた米粒のようなもの」
その心は、取っても食えないが取らないと気持ち悪い。
これは、博士を高学歴と言い換えても成り立つと思います。

21世紀に入って、社会は学歴でなく実力を重視するようになっています。
それでも、いくら実力主義が徹底されてきても、学歴は「足についた米粒」
でありつづけるでしょう。
いくら、他人が気にしないとしても、自分が気にするとダメなのです。


実力があっても「低学歴」でつぶれるパターンが2つあると思います。

1つは「低学歴」を気にしすぎて、自分を過小評価してしまう場合。
これは、いうまでもないでしょうが、「低学歴だからしかたないさ」
と卑屈になり、自分の可能性を自ら閉じてしまう行為です。

そして、2つ目は「学歴なんて関係ない」と力むあまり、パワーが
他の方向に流れていく場合です。
学歴というものも、人間の実力の一部を表しているのは確かです。
ひたすら高学歴者を敵として、けんかを売るような姿勢では
自分も伸びませんし、周りの人の協力は得られません。

つまり、「低学歴」と言われて沈んでしまってはいけませんが、
逆に「学歴」に対して あまのじゃく になってもいけません。


私が希望の会社に入社できたとすれば、学歴に振りまわされずに
自分の思うことを、堂々と細心に実行していきたいと思います。



理系人間になじみのない人のために補足しますと、
理系で大学に行くと、多くの人が大卒のみでは専門性が身につかない
ということで、修士(大卒後2年)の課程へ進みます。
文系の人が大学に進学するくらい、一般的ですね。

一方、博士(修士終了後3年)の課程は、基本的に研究者としての人生を
選択する事を意味するため、ハードルが非常に高くなります。

ちなみに、私が修士課程に進学しなかった理由はこちらをご覧下さい。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大学卒など学歴にあらず
理系スタイルより この前、検討する会社の面接に行った時、こんなことを言われました。 「あなたは、学卒だけど、修士や博士ばかりの環境で大丈夫ですか?」 ...続きを見る
大学教員の日常・非日常
2005/09/14 15:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして、こんにちは。
私は1999年に大学卒業しましたけど、院への進学率はほぼ100%でした。学科内50人くらい中、就職は1,2名でした。しかも院を落ちた人です。
というのも現実として就職氷河期でもあったので、大卒では設計とか、開発の求人は全くない状態でした。現場監督しかないのが現状ですね。まあ現在の就職状況はちょっと違うのかもしれないですけど。
kaiyou
2005/09/18 21:01
コメントありがとうございます。

私は2000年卒業なのですが、3割位は
就職組がいましたね。
恐らく、大学のレベルが高くなると
ほとんど全部進学するのでしょうが。

ただ、院を落ちて就職というのが?です。
当時って就職は超氷河期で、就職の方が
進学よりはるかに、難しかったですよね。
就職を諦めて、進学した奴は私の周りに
沢山いますが、その逆は知りません。
余程、本意でない就職をしたのでしょうか
タカフミ
2005/09/18 23:19
まあ本人に聞かないとわからないですけど、傍から見ればそうでしたね〜。いちおう院にも定員があるので・・・。
不合格だった人は浪人するか、就職するかでしたね。私の同期は来年受かるって保障がないので、無難な中堅会社に行った感じでした。
kaiyou
2005/09/19 16:08
学歴って人によってそれぞれ捉え方があるんだな〜と最近になって思いますが、皆「好きな事の、又は食べていく為に、能力を磨きたいから」大金&時間をかけて、大学または大学院に行っているのだと自己流に解釈していました。確かに理系は教える手間が省けるから、高学歴の人を選ぶのかもしれないですね。職場でも学校と同じく、謙虚に学び続ける姿勢、忍耐、努力が自分の為に大切だといつも思っています。だから、学歴はスタートラインでそこからが本場だとおもいます。(違うのかな〜?少し不安)だけど、いつも不満なのが、社会人大学(院)が不足しているということです。今、私はもっと勉強をしたいと思っています。今なら、もっと吸収できると思っています。社会人になったら、やりたい事がたくさん明確に出てきます。
自分で勉強しても限界はあって、私ももう20代の半ば。若いうちは自分に投資したい!!!と思ってますが、どうしてこんなに商才のない学長さんが多いのでしょう!?
scienceless
2005/09/25 03:18
(続き)
話は随分それてしまいましたが、大学院に行きたいときに行けるというシステムを作るという事は、ビジネスにもなると思うのですが。学生だけに開放されているのが、悔しいです。
あと、もう一つ。社会人を経験してから大学に入りなおすという考え方は、共感できます。効率が良いと思います。社会人になって、働いて、自分に足りないところをみつけて、勉強したいポイントを絞って入りなおすというのは時間&費用を大切にしている事です。やりたい事ならともかく、好きな事をみつけるのは難しく、院まで卒業して、年取って、就職して、自分の専攻ではなかったと後悔しても取り戻すのは難しくなると思います。(無理とは言わないけれど)。私は凡人なので、慎重です。学歴で足をすくわれない事は大切ですね。

scienceless
2005/09/25 03:19
社会人を経験してから、学び直す事は
個人にも社会にもメリットは多いです。

とはいえ、社会的な環境がそれに追い
ついていないのも事実です。

もし、学校の側が整備されて、社会人
の受け入れを始めたとしても、会社に
理解がないため、結局会社を辞めて、
一大決心をしないといけない。
全てを捨てて、学校に戻れる人って
そんなに多くないですよね。

といいつつも、なんとか学びなおす
機会を得ようと画策する私でした。
タカフミ
2005/09/27 00:52
私は95年に俗に言う三流私大文系を卒業し、一度就職して専門学校で資格をとり現在の会社で契約社員をしています。会社側からは、中途社員を取ってないから、正社員には出来ないと何年も聞かされていたのに、なんと一昨年採用されたのです。若い男性社員がZなぜ[と思い上司に聞くと、○○大学卒ブランドは凄いよな〜。(誰でも知ってる有名芸大)ワッハッハだって。
学科も違うし、資格もないのに
憤りを覚えましたが、仕方ないですよねソ
大学名言われたら、完全に負けだもの…。今の部署は国立一期校(古い言い方ですみませんュ)か、早稲田のみなんです。
学歴社会はやっぱり、仕方ないので卑屈にならず、今日も頑張ります。
ブランカ
2010/09/17 09:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
大卒が低学歴? 理系スタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる