理系スタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS 何を考えているのかわからない人

<<   作成日時 : 2016/02/18 06:28  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

特に女性の中で、「理系男」に対するネガティブなイメージを
あげてもらうとすれば、必ず上位に入るであろう
「何を考えているのかわからない」
今日は、なぜこんな風に思われてしまうか考えたいと思います。


まず、第一に考えられるのが、
数学や理科、そんな(自分が)理解できないモノを好きだなんて
そんな人は理解できない、何考えているのかわからない、
と、こんなパターンです。

これは、自己中な考え方で偏見に満ちています(笑)
こんな人は恐らくあまり理系男に接したことがないのでしょう。

逆に実体験に基づいていないので、
こんな思い込みは簡単に取ることができると思います。

まあ、あまり問題はないでしょう。


第二に、妙な行動や言動が見られる、ということです。

実は、僕はとても独り言が多く、
あることを考え出すと意味もなく歩き回ったり、
周りの人から見ると妙な行動をとってしまうことがあります。

そして、(特に独り言は)理系の人間の間で
明らかに多いような気がしています。

頭を猛烈に働かせているときは、
身体の動きに神経が行かず、妙な動きをしてしまうのでしょう。

そんな行動を見て、「何を考えているのかわからない」
と感じる人が多いのでしょう。

意識して止めることが望ましいのですが、
考える時は一人で、これも解決策かもしれませんね。


そして、今回最も言いたかった三番目、
これは表情と言葉が一致していない、ということです。

科学のように、論理だった世界にいる場合は、
強く感情を出すということは、基本的に好まれません。

ですので、無表情に淡々と話す人が多くなるわけです。

しかし、女性の場合では、おしゃべりというものは、
言葉の伝達ももちろん、感情の伝達という役割も大きいのです。

そこで、言葉と表情の不一致があったりすると、
不安になり「何を考えているのかわからない」
と感じてしまうのです。

つまり、
「楽しい」と言っているのに、楽しそうな顔をしていない。
「おいしい」と言っているのに、おいしそうな食べ方でない。
「好き」と言っているのに、好きそうな声でない。
こんな感じです。

ポジティブな感情を伝えているつもりなのに
実際にはそんな感情が伝わっていない。
むしろ、逆のイメージが伝わってしまう。
本人にとってみれば、全く無自覚の場合が多いでしょう。


「何を考えているのかわからない」
なぜかこんな風に言われてしまう人は、
自分の感情を体で表現することを意識した方が
いいのかもしれませんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
何を考えているのかわからない人 理系スタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる