理系スタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS 原子爆弾を作る心理

<<   作成日時 : 2004/09/28 08:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

現代に至るまで科学が発展して、より豊かな社会を作ってきましたが、その科学による負の一面として科学の兵器への利用が挙げられます。

「なぜ、こんな恐ろしいものを作ることができるのか?」と不思議に思われる人も多いと思いますが、実は兵器の開発とは、科学者にとって非常に魅力的な仕事なのです。

理由としては
1 開発資金を湯水のように使える
2 特性(破壊力、精度)向上に神経を集中できる
という点が挙げられます。

このような理由から「戦争が科学を育てる」と言われたりもします。
たしかに歴史をたどってみると、そのような一面もあると思います。

しかし、当然科学者自身も人道的には正しくない事はわかっています。
それでも 「作ることに問題はない。使う奴が悪いのだ。」 と考えたり、「ここで自分がやらなくても、確実に誰かがやる。どちらにしろ同じことだ」と、開き直って魅力的な開発に手をつけてしまいます。

普通の人から見れば、自分勝手で偏屈な理屈だと思うでしょうが、実際兵器を開発する人間の心境なんて、この程度だと思います。(もしくは何も考えていない)
逆に言えば、科学者自身の判断で社会適に不利益のある技術開発を止めることは、期待できません。
 
   
私にマンハッタン計画(原子爆弾開発計画)のような仕事の話があれば、人道的には間違えていることはわかっていても、その仕事の魅力に負けてしまいそうな気がします。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
兵器を作る際、科学者達はそれが社会に不利益をもたらすかなど判断できないのだと思います
平和主義者のアインシュタインでさえ、原子爆弾について「ナチスが作る前にこちらが作れ」と大統領に手紙を送っています。兵器が平和に貢献すると信じてたみたいです。マンハッタン計画の科学者達も同じように考えたのかもしれません。
科学の専門家に社会への影響について問うのは酷かもしれません。未だ「兵器=悪」という考え方は定着しきってないですしね。
しかし、お金だけのために研究をするのはやめてほしいですね。。
tomo
2004/10/01 23:25
アインシュタインの「ナチスが作る前にこちらが作れ」という言葉は的を得ていて、ナチスが先に作っていれば状況はもっと酷い事になっていたのは明らかです。この時点で原子爆弾が作れる事は明らかだったので、誰が作るか?ということに焦点が移っていたのです。もう既にパンドラの箱を開いてしまった後でした。
それでは原子爆弾が作れることを発見したのは誰か?というと他ならぬアインシュタインです。そういう意味でアインシュタインが原子爆弾開発の源泉であったと言えます。
ただ、彼は原子爆弾を作ろうと思って原子物理学を研究したわけではありません。こんな恐ろしい事を発見してしまうなど思っていなかったでしょう。その意味でパンドラの箱を開いてしまった科学者に責任を問う事はできませんし、パンドラの箱を開くことを恐れていては、科学の進歩はありえません。
とはいえ、あまりにも大きな代償であったことは否めませんが。。。
管理人
2004/10/02 18:14
はじめまして、「たんぽぽ」ともうします。


「ヒトラー・ナチスが、原爆を作りはじめているかもしれない。」と、
うわさされて、それが、アメリカ側に
原爆開発をいそがせる、強力な動機となったのでした。
(アインシュタインをはじめ、原爆開発に強く反対していた人たちも、
これを言われて、さすがに反対をやめて、
むしろ積極的に協力しないと、かえって危険だと、思い直したんだけど...)

このような不安は、当時の社会全体の中に、
多かれすくなかれ、蔓延していたのでしょうね。
戦時中の特殊なメンタリティについては、同じ時代の人たちのあいだで
共有していたもので、科学者だけが特別ではないと思います。
たんぽぽ
2004/10/05 17:02
たんぽぽさん、はじめまして

確かに戦時中においては、そのような雰囲気が蔓延していて
それは、ある意味仕方のないことだと思います。
しかし、最終的に恐怖を現実にすることは
科学者の手によって行われるという点で、
立場が変わってくるのではないかと思います。
管理人
2004/10/06 00:27
アインシュタインが原爆の原理を発見したと言うのは、少し論理の飛躍がありはしないですか? 相対性原理などと言うもので話をしなくとも、原爆などと言うものは古典電磁気学でその主な部分は語る事が出来るように思います。 核分裂からエネルギーが取れる事を発見し、その説明に用いられた理論は、むしろ古典電磁気学ではなかったのではないでしょうか? それと原子核を扱う研究分野は原子物理学ではありません!! 核物理学と言います。 こんな事さえ知らない愚か者が、ものを言うのは危険ですね。
原子核
2005/05/13 00:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
原子爆弾を作る心理 理系スタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる