理系スタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS 理系の出世観

<<   作成日時 : 2005/03/20 15:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

公務員は一般的に、事務系(法律、金融など)より技術系の人の方が昇進が遅いと言われています。また、民間企業でもそういう傾向があるような気がします。

これを聞いて、「文理差別だ!」と声を荒らげる理系人もいますが、これは社会的な問題だけでなく理系人自身の考え方による部分も大きいと思います。


文系の場合、優秀な人材は、上昇志向が強く少しでも早く上に上がりたいと考えていることと思います。出世することにより、自分の影響力を大きくしたいという欲求が強い人が多いといえます。

それに対して理系の場合、優秀な人が必ずしも出世志向が強いわけではありません。
役職がつくと、どうしても管理的な業務が増えてきます。理系人には、どうしてもその手の仕事に馴染めない人が多いんですね。

言い換えると、文系の場合は「出世=やりがいのある仕事」が成り立っていますが、理系の場合必ずしもそうでなく、むしろ逆だと思っている人も多いわけです。


例えば、ノーベル賞を受賞した島津製作所の田中さんも、研究開発の最前線に残りたいという理由で、課長への昇進試験をあえて断っていたとのことです。

ある意味、本人が望んでいることなのでそれでいいのかもしれませんが、実力のある人がそれなりの地位にいないということは、社会的には損失ではないでしょうか。

もっとも、最近は企業側もそれに気づいてきたらしく、課長や部長職だけでなく、専門職としての役職をおく会社が増えてきました。
しかし、少なくとも私の会社では、ただ役職の名称が変わっただけで、実態は何も変わってないように思えます。

中村裁判の話にも通じるところですが、技術者の処遇の問題はつくづく難しいものだ、と感じます。


ちなみに、私も典型的な「出世に興味のない理系人」です。
課長や部長を見て、「いつかはあんな風になりたいな」どころか「あんな仕事なんて絶対したくないや」と思っています。

でも、出世には興味はなくとも、給料は増えてくれないと困るんですよね。家族を支える身としては。
いっそのこと、役職自体は万年ヒラで、年功序列で役職より年齢で給料が決まってくたらいいなとさえ思います。
でもさすがにそれは、時代に逆行しすぎていますね。私が役職がつくような年になるまでに、そんな技術者を評価する方法ができていればいいのですが・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「理系の出世観」について ご参考
「理系の出世観」について 工学院大学基礎工学科教授 東京大学名誉教授の畑村洋太郎先生がこうおっしゃっている 「何かを決めるということは賭けをすることである。 出世するにもある種の賭けが必要で、その点でも理科系より文科系の人間のほうが概ね度胸があるようだ。 我々の学生時代、理科系の学生が実験に明け暮れて必死になって勉強しているときに文科系の学生の多くは麻雀屋に通っていた もしかして、アイツらは麻雀をやりながら人をたぶらかす秘訣や、勝負度胸を養っていたのかな と思うのである」 ...続きを見る
空を飛べないdanbo@WebryBlo...
2005/03/20 22:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
始めまして。私はメーカーの研究者です。出世欲というのは、給与を別にして考えると「人を支配する欲求」なのかなと思います。どうでしょうか?
私自身は、出世には全く興味がありません。仕事を通して何か「モノや成果」を社会に残したいという気持ちが強いです。理系の方はモノ作りや、自分が作った商品を世に出したいという人が多いように思います。
余談ですが、給与は仕事に対する報酬ですので当然興味(あがってほしい)があります。
また、遊びに来ます。
みかん太郎
2005/04/15 23:21
出世欲が「人を支配する欲求」であることは、その通りだと思います。
さらに理系の人は文系と比べると、「人を支配する欲求」が希薄なことが多く、相対的に出世に興味のない人が多いのでしょうか。

また、「モノや成果」を社会に出すとしても、間接的(マネージメント等)ではなく、直接手がけていきたいと思う人が多いようです。私もこの手のタイプなのですが。



理系スタイル
2005/04/16 00:38
今まで色々な営業の人について仕事をしてきましたが、やはり、実力があるのに恵まれていない人というのは本人にとっても会社にとっても不幸な事で、理不尽な気がして、悔しかったです。
権力がすきで出世欲もあるという人は、一見、聞こえは悪いですが、(実際嫌われていた)私のついていた人は(運が良かったのかな?)親切ではありませんでしたが、プライドが高くって、最後まで責任を持つし、仕事で手を抜かない、人のせいにしない、という意味で私はとても尊敬していましたよ。
それに、出世をする事で自分の好きな仕事がまわってくるということも営業ではあるのではないかと思います。
でも、皆が出世を望んでいるわけではないし、出世が全てだとは私は思ってないです。
「好きな事に忠実」という事と嫉妬せず、マイペースで行く人こそ、本物!という気がします。
scienceless
2005/05/12 21:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
理系の出世観 理系スタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる