理系スタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS 人に物を頼めない私

<<   作成日時 : 2005/06/13 02:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

仕事をする時は、自分でやるか、人に振るか、ということを判断しながら進めます。
ここのバランスのとり方って、人によって非常に差がでるところです。

私はどうかといえば、タイトルの通りなのですが、人に頼むのが苦手で、多くを自分でやってしまいがちです。

人にお願いするのがひどく申し訳なく思えたり、人に頼んでも信頼しきれず心配ばかりしてしまったり。結局こういう感情が大きくなってしまいます。


昔、ある企業の社長さんがこんなことを言っている記事を見つけました。

「カンニングをしたことのない学生は採用しない」

インパクトがありますが、この言葉の意図は不正を奨励している事ではありません。
真の意図は次のようなものです。

ある問題に対処するときに、自分の力だけで対処していたのは効率が悪い。
よって自分の人脈を駆使して、要領よく問題に対応できる能力が重要だ。

こういう価値基準の中では、私は下の下ということになってしまうのでしょうね。

さらに、現在私はヒラのエンジニアですが、ある程度昇格して部下を持つようになったら…。
仕事を抱え込む上司は最悪です。なんせ、下が育たなくなってしまいますから。


こんな風に考えてみると、現在の企業では、人に物を頼めない人の評価はあまり高くないようです。

また、自分の知人を分類してみると、どうも理系の方が仕事を人に任せない人が多いです。
こんなところも、社会的に理系人間があまり評価されていない原因があるような気がします。

人に物を頼むことを躊躇してしまうエンジニアは、人に任せることの大切さも重視したほうが良いでしょう。私としても、肝に銘じたいところです。



とはいえ、本当に自分のコアとなる部分は自分で押さえておきたいですね。
ここらへんのバランスは非常に難しいところです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
人それぞれに仕事の捉え方、学び方があると思うから、頼めないなら、頼めないで、頼む状況になるまで仕方ないのじゃないかなと思うのですが?私はぎりぎりまでやって初めて「ああすればよかったんだ」と思う事が多くって、でも、それも一生懸命やったから、他の方法を考えて、行動する事ができるのだと思います。
ただ、私の率直な意見としては問題を予測する事も大切だけれども、人に頼んで、問題が起こってしまったら、その問題を自分の問題としてクリアしていく強さと知恵を身につけていく事は決して無駄にはならないと思います。そして、若ければ、若いほどいいのではないでしょうか?
scienceless
2005/06/13 20:36
リスクを背負えない人には真面目に仕事をしている人はついてはいかないし、説得力が全くないです。
おじさんになってから、身につけようと思っても手遅れだし、失敗をすれば惨めすぎるし、若いうちにそういうことを学んでいく事は大切だといつも思ってます。少なくとも女性はそういう男性が好きだと思います。女性に好かれると何故か絶対に運気もあがります。女性に嫌われる人は必ず変なスキャンダルに巻き込まれている気がします。やっぱり、謙虚さと勇気が必要だと思います。
scienceless
2005/06/13 20:44
本文が愚痴っぽくなってしまいました。

2、3年位前までは、なんでも自分でやって経験をつけていこうと考えていたんですが、ふと気づくと自分で仕事を抱え込むようになってしまいました。

とはいえ、私個人としてはその状況をむしろ充実したものとプラスに考えていました。

でも最近は、自分にはプラスでも組織にとっては必ずしもプラスでないことや、自分で仕事を多くこなすことだけが評価されることではないことに気づいてきました。

これからは、今までの自分と違うスタイルの仕事の仕方も身につけたいと思います。
タカフミ(理系スタイル)
2005/06/13 22:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
人に物を頼めない私 理系スタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる