理系スタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS 貧乏人の自由

<<   作成日時 : 2005/07/05 01:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

理系は、文系と比べると、貧乏なイメージがあると思います。
金や名誉より、やりがいや仕事を求める人が多いといえるでしょう。

それどころか、積極的に貧乏を受け入れている人さえいます。


このことについて、理由を考えてみました。
そしてある結論にたどりつきました。

答えは、「貧乏人は自由だ」

これを聞いて、不思議に思う方がいると思います。
お金がないと、やりたいこともできない、だから金持ちの方が自由だ、と

確かにそれは正しいです。
しかし、金で得られる自由ばかりではありません。こんな例を考えてみましょう。

自分の本当にやりたい仕事をみつけたり、チャンスを得る機会があったとします。

しかし、その仕事は給料が安い、例えば年収200万だとします。

その時、元々年収350万円の人と年収1000万円の人、どちらが転職に対する抵抗が少ないでしょうか?いうまでもないでしょう。


逆に、生活レベルを上げることは、ある種の自由を失うことになります。

金を持てば金に支配され、地位を得れば地位に支配され、小回りがきかなくなります。

高く昇れば昇るほど、落ちた時の痛みも大きい。
高く昇った者はそうでないものに比べて、落ちることを強く恐れなければならないのです。


理系人間は自由を強く欲する人が多いと思います。
裕福になることにより、失う自由もある。

そう考えると貧乏も捨てたものではないと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
どちらが幸せなのかよくわからないけれど、元彼が貧乏だったから、毎日、「!!!」の連続でしたよ。お金があれば、あんな事もこんな事も即解決という所を二人で何とか工夫してという状況で、あの時確かに私は大興奮していました。自由というのは創造力が逞しくなるという事でしょうか?私の意見から言えば、お金は問題を解決してくれる分、無駄がなく、充実感がいまいちという欠点はあると思います。恋人、もしくは夫婦初期であれば、貧乏はかなり燃えると思います。マフラーを作るのだって、ためらう事はないし、ケーキも二人で作ったり、ダンボール箱がちゃぶ台のかわりでも、ロマンチックですよ。旅行に行く代わりに、山に星を見に何時間も歩いていったり等、あの人でないと出来ない経験ばかりでした。のろけでしたね。すみません。
scienceless
2005/07/11 18:39
そういう貧乏な生活を経て、ある程度のお金を持つようになると、懐かしく思えるものなのですね。
でも、これは大抵一方通行で、お金持ちだと思って結婚したのに、その後貧乏になってしまえば…。破局の可能性が高いですね。

ある意味、貧乏の方がトク?なのです。
タカフミ
2005/07/14 00:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
貧乏人の自由 理系スタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる