理系スタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS 分解癖

<<   作成日時 : 2005/10/03 01:09   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

私はエンジニアですが、エンジニアには子供の時、色々な物を分解
するのが好きだった人が多いです。

私も、それにもれず、とても分解好きな人間です。
子供の頃は、よくおもちゃを分解していました。

とはいえ、分解するのはいいけれど、元に戻せなくなることも多く
「物を大切にしなさい」と親に怒られることも多かったですね。


この「分解癖」は、大人になると抜けてしまう人も多いのですが
私は、良いか悪いか、今でも現役です。

とはいえ、大人になってからは、さすがに分はわきまえます。
基本的に壊れた(調子がよくない)もので、メーカー保証期間が
過ぎたもの(分解すると保証対象外になるので)に限ります。

テレビ、ビデオ、CDコンポ、カーオーディオ等色々やりました。
最近はハードディスクを分解したのが、面白かったです。

分解はあまり調子のよくない物が対象なのですが、分解して
組立て直してみると、調子が戻ったりすることも多いです。
特に何をしたと言うわけではないのですが…。


現在の電子機器は、高度に電子化されているので、ボードを
見ただけではほとんど何もわかりません。

それでも、分解して組みなおすと調子が良くなるという事は
故障の原因が単純な接触不良であることを意味します。

例えば、叩けば映るテレビなどは、この例です。
叩いて、電子部品自体が直ることはありません。
要は、接触が悪くなっているわけです。
使っているうちに、ほこりなどで悪くなる例が多いです。

というわけで、高度な電子機器なども、故障モードは単純で
あることが、意外に多いです。

これも、私に分解癖があるが故に得られた知見です。


分解するという行為は、なぜ動くか知りたい、という気持ちの表れです。
エンジニアたるもの、物に対する好奇心が命です。

私としては、分解したい、という気持ちを大事にしたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
分解癖 理系スタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる