理系スタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS 特許へのグチ

<<   作成日時 : 2006/01/20 01:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6


年が明けて年度末が近づいてきました。
年度末までにに、数字をまとめるために周りが慌ただしくなりました。

その中で、今私を悩ませているのが「特許」。
部門の出願件数がノルマに達していないらしく、
日に日にエンジニアに対するプレッシャーが強くなります。

でも、特許は出願するにも、維持するにもお金がかかりますので
会社のためにも、有効でない特許は出さない方が良いのです。

ノルマのためと割り切って、くだらない特許を出すことはできるのですが
どうせ出すのであれば有効性も、と考えてしまい先に進めません。
意味のない仕事なんてしない方がましだ、と変なプライドがでてきたり。

この気持ちは、企業に勤めるエンジニアには、きっとわかると思います。


さて、特許というと、一般の人から見ると、なにやら難しいものに
思われるでしょうが、実際は「これがよく特許になったな」
と思うようなものも多いです。

ただし、それは書いてあることが理解できた時の話であって
日本語は大変難しいです。簡単なことをいかに難しく書くかが
特許のポイントみたいです。

まあ、法律も難しい日本語を使っていますが、
特許はその仲間みたいなものですからね…


でも特許って、本来は技術を公開して社会の技術発展を促す、
その見返りとして、発明者に一定内の独占権を与えるものです。

なのに、理解不能な日本語で書かれているのはどうかと思います。
それだから、解釈でもめて、特許紛争とか起きるわけです。

挙句のはてに、そんな特許紛争でもめて、肝心の技術開発が
停滞してしまったり。
それって、本来の主旨の逆を言ってしまっていますね。


なんか、今回はグチグチしてしまいました。
でも、私は最近特許のことばかり考えて、ノイローゼ気味です。
理解してやって下さい(笑)

それにいいのです。
タイトルにちゃんと「グチ」と書いてあるのだから(爆)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
To わさびさん

コメントありがとうございました。
私の返事が遅れてしまったので、
いらぬ心配をかけたかもしれません。
すいませんでした。

別に内容は不適切とは思いませんが
本人の希望ということで、コメント
は削除しました。

女性に慣れていない人の場合、女性
とどう接していいかわからず、
やや冷たい態度になることがあります。
本当は仲良くなりたいと思って
いるのですけどね。

記事に関して、質問や意見があれば
是非コメント下さい。
これからも、よろしくお願いします。
タカフミ
2006/01/29 00:36
有り難うございます。
理系でない読み手の立場に立って書いて下さっているので、とてもわかりやすい日記です。これからも訪問させて下さい。宜しくお願いいたします。
わさび
2006/01/29 10:56
はじめまして。lunaticといいます。
特許を仕事にしているものです。

>簡単なことをいかに難しく書くかが特許のポイントみたいです。

これは、悪い特許明細書に触れられている証拠です。特許は分かりやすく書かなければ意味がありません。そもそも、分かりやすくないので、権利範囲があいまいで、特許紛争も起きるのです。あいまいに書くと権利範囲が広くなると誤解している弁理士の多いこと。まともな明細書は、研究者や技術者にもよくわかるものですよ。私の場合、発明者(基礎研究者)から、非常に良く書けていると言われることも多いですし、それでいて、きちんと権利を確保した特許にもしています。自慢するわけではなく、そういうケースも多々あるのだということを知ってもらいたいと思っているので、あえて自慢話のようなことを書いてしまって、申し訳ありません。これからは、良い明細書に接するようにしてもらえれば、お考えも変わると思います。
lunatic
2006/03/10 15:11
lunaticさん
コメントありがとうございました。

正直、私もあいまいに書くと、権利範囲
を広くできると思っていました。
だから、わかり難いこともやむ終えない
のかなと。

ここらへんは、役所のほうが権利範囲
を明確にしないと、受理しないように
するべきだと思いますね。
タカフミ
2006/03/13 00:27
はじめまして。ネットである事を調べていたらこちらにたどり着きました。実は、私は特許明細書の英翻訳を仕事にしております。分野は化学系が多いのですが、明細書の日本語の難しさ(というか曖昧さ)には、正直毎回泣かされております。以前に米国の特許弁護士の方が、日本からアメリカへの出願の明細書は読む気がしないと言われました。昔からこの傾向は強いようです。早く改善されることを願っております。。 ブログ、とても楽しく読ませていただきました。 またのぞきにきます。
YYKK
2006/06/09 11:08
はじめまして、ブログ初心者のがっちりと申します。
私も特許に興味があり去年からの出来事をウェブリブログに載せています。
「特許でがっちり」と題して書いております。
よろしければコメント、アドバイスいただければ幸いです。
がっちり
2008/02/09 18:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
特許へのグチ 理系スタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる