理系スタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS 典型的な「迷惑」エンジニア

<<   作成日時 : 2008/04/15 01:28   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

私もそろそろ中堅エンジニアと呼ばれる位
経験年数を積んできましたが、仕事をする上で
邪魔というか、足を引っ張られる人に何人か
出会いました。

何人かいたわけですが、その人達のパターンは
ほとんど同じだったと思います。
今日はそういう人達の行動パターンについて
お話したいと思います。


この人達の行動パターンを一言でいうと
「優先順位が間違っている人」です。

要するに、解決しなければならない本質的な
問題があるのに、些事にばかりとらわれている。
「木を見て森を見ない人」ともいえるでしょう。

さらに、見るべき部分を間違える理由は
自分にそれしか理解できないから、
または、自分はそれに興味をもっているから
ということになります。


抽象的な話になってしまったので、例を一つ

例えば、子供の元気がなかったとします。
そして、前に風邪が原因で元気がなかったことが
親の頭にこびりついていたとします。

そして、病院に連れて行くと風邪ではありません
という診断を受けました。

そこで、それだったら、他に原因があるのかな?
と思って他の可能性を疑えばよいです。
友達とけんかしたとか、テストの点が悪かったとか
他にも原因となりえることはたくさんあるのです。

しかし、困った行動パターンの人の場合、
子供の元気がないことの原因を
ひたすら風邪のみに求め
「風邪をひいているはずだ、医者が間違えている」
「他の医者にもっと詳細検査をさせてみよう」
というような行動、言動に陥ります。

これは、単純な問題ですから、愚かさが
簡単にわかるのですが、これがマニアックな
技術的な問題になると、専門外の人が議論を
聞いても見分けることが難しいのです。


こういう人が上司にいると大変です。
技術的な問題についてある可能性を指摘されると
何を持っていっても、のらりくらりと交されて
自分の意見を頑強に変えることがないのですから。

無駄な仕事は増えるし、モチベーションがどんどん
下がっていくし…。本当に苦しめられます。

今度、この手の人への対処方法や理系にこの手
の人が多いことの考察をしてみたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
典型的な「迷惑」エンジニア 理系スタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる