理系スタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS 「人付き合い下手」のアドバンテージ

<<   作成日時 : 2008/07/12 02:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

理系人間というと、どうしても人づきあいが苦手で
一人で黙々と何かをしている、というような
イメージをもたれる方が多いと思います。

これを逆に考えて、人付き合いが苦手だから
理系人間になれる、と考えることはできるのでしょうか?
この点について考えてみました。


まず思いつくのが、人が苦手だから、興味の対象
が物、即ち理科的なところへ行くという話です。
しかし、これでは人がダメだから…、というのが本質的
な理由であまりポジティブではない、
そこで、別の観点を探してみました。


気づきはある、経営者の言葉にありました。
それは、「カンニングをしたことのない学生は採用しない」
という極めてインパクトのある言葉でした。

この意味は、世の中の殆どのことは、自分より
詳しい人がいる。だから、必要な能力は自分で何か
をするより、むしろ出来る人を探して代わってもらう
ことが重要だ、ということなのです。

この観点だと、私は間違いなく0点です。
何よりも、人に聞いたり、助けを求めたりするのが
苦手なのですから。

人に聞けば、5分ですむようなことを、一人で何日も
悩んでみたり、ビジネスマンとしては失格ですね。

でも、そうやって自分一人で悩んでいるうちに
ずいぶん問題解決能力がついたような気がします。

自分の知らないことを、他人の助けを借りずに
解決してきたわけです。
その問題がまだ誰も解決していないものであっても
私にとっては同じことです。将来、そんな問題に
取り組み、そして解決することができれば。。。


ということで、私は「人付き合いの苦手」な人は
そうでない人に比べて問題解決能力が高い
と考えています。
なので、理系に進み、技術で身を立てる
人が多くなるのではないでしょうか?

そう考えると、この話にピンと来る人は
なるべく、手垢のついていない問題に
取り組んだ方がいいと思いますね。
なんせ、know who で勝負される仕事だと
顔の広い人とは、絶対に太刀打ち
できないですからね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
人間関係
人間関係 ...続きを見る
人間関係
2008/08/12 00:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
旦那が理系ですが、理系スタイルさんと、同じ考えです。
私は考えるより先に言葉がついて出るので、
よくケンカになります。
(旦那からしたら、思考が中断されるんですね。一方、私からみたらもどかしい。)
ちなみに私は何でも聞いてまわります。
言われたことを実行して、理解して、自分なりにアレンジします。
話が変わりますが、朗読のサークルに通っていますが、「女性は息を長く吐かない。だから”ご飯にする?お風呂にする?ゆっくりする?”とか早口だ」といわれ、なるほどなーと思いました。
性格って臓器に左右されるとか聞いた事がありますけれども、そうかもしれないですね。
さおり
2008/07/14 15:00
ちょっとわかりにくいです?
まず「人付き合いが苦手」とは、何を指しているのでしょう?
他人のペースについていくのが苦手なのか、人の気持を読むのが苦手なのか、他人に興味がないのか、相手の反応が怖くて付き合いができないのか…。
要因は様々と思うのですが、そのどれを指しているのかわかりません。

また「問題解決能力」の「問題」とは何でしょう?
「人付き合いの苦手な人は、どんな問題でも解決能力が高い」というのは、無理があります。人間関係の問題は、人付き合いそのものが苦手な人は、やはり苦手だと思うからです。
でも、意図は想像できます。
「人付き合いの苦手な人」は、人との折衝にこまめに動き回るのを煩わしいと思う分、物事に集中して取り組むことを好む割合は高いのだろうと。
熟慮を要する、長考を厭わないような場面では、よい成果を得られやすいのでしょう。
しかし、私には「理系人間」=「人づきあいが苦手で一人で黙々と何かをしている」というイメージはありません。
「理系人間」=「理系のお勉強や思考に長けている」&「文系では常識とされていることを知らない」くらいの印象です。…。???
続きが読みたいです…
2008/07/14 20:27
>さおりさん

考えるより聞くのか、聞くより考えるのか
の違いですね。
まあ、聞いちゃった方が早いのですが
考えることも悪くはないかな…と。

性格は臓器に左右される、これは
確かにそうだと思いますね。
例えば、内臓で声も変わってくるし
それによって、人の見る目も
自分自身のセルフイメージも
変わってくるものでしょう。

タカフミ
2008/07/15 01:53
>続きがよみたいです さん

確かに、わかりづらいところや
紛らわしい部分が多かったですね。
スイマセン。

まず、理系人間のイメージですが
人付き合いが苦手というのは
一般的な話ではないですけど
そういう人の割合が多いのは確か
じゃないかなと思います。
私もその一人ですし。。。
↑結局ここが問題なのかもしれません
「自分」=「理系人間」にしちゃってる
ところが多いので、このブログ(笑)

タカフミ
2008/07/15 02:22
「人付き合いが苦手」の定義ですが、
ここでは、どれでもいいのかな?と。
結局、人に頼んだり、聞いたりすること
が得意でない事が本質ですから。

でも、他人に興味がない人はちょっと
違いますかね。この手の人は自分にメリット
があれば、人に近寄るはず???

「問題解決能力が高い」については
確かに人の問題の解決は苦手なはず
なので矛盾してしまいます。
ここの「問題」は学校の勉強の
「問題」に近いものです。

ここで言いたいのは
一人で考えるのが好きというより
人に聞く精神的バリアが高く、
一人で考えざるを得ない。
だから、考える力がつくというわけです。

追い込まれると能力が開花する。
そんな感じです。
タカフミ
2008/07/15 02:23
はじめまして、こんにちは。
「理系スタイル」というコトバの響きに惹
かれてアクセスさせて頂きました。
私自身は、生粋の文系で本質的には感覚的
に行動する人間だと自認しておりますが、
その一方で苦手なクセに論理的思考に憧れ
ている、そんな一面を持っています。
 
そんな私は、宇宙系ブログをやっています。
宜しければお暇な時にでも遊びにおいで下
さいませ。
http://moondeream.seesaa.net/
 
S,Yamada
2008/07/18 02:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
「人付き合い下手」のアドバンテージ 理系スタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる