理系スタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS テレビを水洗い

<<   作成日時 : 2008/09/14 23:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


私がまだ大学に通っていた頃でしょうか?
衝撃的な映像を見た記憶があります。

それは、電化製品を修理する仕事の人で
何を思ったのか、移らなくなったTVを分解して
ホースで水をかけながらブラシで洗うのです。

電化製品は水に弱いとされているので
かなり衝撃的な映像でしたが、
なんとそれでTVが直ってしまいました!


かなり衝撃的な方法ではありますが、
電化製品の故障は、ほこりで接触が悪くなっただけ
とかが意外に多いです。

僕も、理由はよくわからなかったけど、
テレビとかゲーム機とかラジカセとか
分解して掃除をしてやれば直ったという
経験は何回かあります。


ちなみに、私は半導体という電子機器の中核
となる部品を作っていますが、信頼性試験で
吸湿試験(ほとんど水につけるようなもの)も
行っていて、それだけで故障する原因にはなりません。

それでは、なぜ電子機器は水に弱いとされるのか?
それは、電子機器は電気の流れをコントロールする
ことによりできています。そして、水が入ると
予期せぬところに電流が流れてしまう
そうして壊れてしまうのです。

よって、例えば携帯電話を水につけてしまっても
すぐに電池を抜いて、よく乾かしてから電源を入れると
復活の確率は高くなります。
(それでもダメなこともありますが…)


電子機器が水に弱いというのは通例になっていますが
それも疑ってみれば、これだけの背景があります。
安易に常識を信じるのではなく、ちょっとは批判的
にみることで世界が広がるよい例だな、と思いました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
テレビを水洗い 理系スタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる