理系スタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS 天気予報はなぜ外れるのか?

<<   作成日時 : 2008/10/09 00:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


「あっ、雨だ。夜からって言ってたのに」

よくあることです。
せめて、予報が外れたら、次の日に予報士が
一言謝ってくれよ。
こう思う人も少なくないでしょうね。


なぜ、天気予報って外れるのでしょうね。
現在は衛星から、1mの解像度をもつ写真が撮れるそうです。
また、1秒間に100兆回の計算ができるスパコンで
地球をまるごとシミュレーションしてやろうという
そんな壮大な計画も進んでいます。

そこまで科学技術が進んでも、
半日後の天気は正確に予想できないのです。


科学的に未来を予想するためには
「微分方程式」を使います。

例えば、物体の運動には「運動方程式」
波には「波動方程式」
電気には「ポワソン方程式」
とかいった具合です。

ただし、「方程式」は「現在」から「未来」を
予測するものです。
強調したいのは「現在」がちゃんとわかっていなければ
「未来」を予測することはできないということです。


ここで、「蝶が羽ばたくと竜巻が起こる」という
言葉を知っているでしょうか?

これは、ほんのささいなことでも大きな影響を
及ぼすことがあるという例えです。
(科学ではカオスといいます)


結局、「方程式」で未来を予想しようとすれば
「現在」がちゃんとわからなければならない。
それも、蝶が羽ばたくといった、ささいなことまで
厳密にわからなければならない。

これは実際問題不可能ですよね。
よって、科学がどれだけ進んでも
天気予報に100%を求めることはできないのです。


今の天気予報って、気象予報士の方が
分析して判断しています。
まさに、職人の技ですね。

コンピュータでどうにもならないところは
人間が介入しないといけません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
おお!
笑われるかもしれませんが、私は予測出来ます。
7割の確率で当たります。
買い物の途中に、風、雲の色、湿気を見て、ついでに夕暮れを観察します。(1分位)
天気予報が晴れでも、雨だと思い洗濯しなかったら、結構あたっています。反対もありです。
ただ、予測出来ないのは、雨から急に晴れになる時です。こればかりは天気予報任せです。
後、究極の晴れ女なので、予報は雨でも私の行く所は全て晴れです!
後、体調で雨が降る事がわかる時があります。
とても体が重くて、眠くなったら、次の日は雨です。
話が逸れました。スミマセン。
さおり
2008/10/17 16:22
コメントありがとうございました。

この天気予報なんてものは、
コンピュータが人間を超えられない例です。

テレビの天気予報は外れるけど、
さおりさんのように感覚で当てられる人
もいますよね。
私の母もそうなんですが。

人間のもっている感覚とか予感という
ものは、コンピュータにはマネできません。

タカフミ
2008/10/20 01:22
500円ちょうだい
牧智也
2009/10/21 10:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
天気予報はなぜ外れるのか? 理系スタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる