理系スタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS エンジニア的不況の渡り方

<<   作成日時 : 2009/01/11 19:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2009年が始まりましたが、
今年のテーマは早くも「不況」と決まっています。


こんな中でエンジニアの行く先はどうなるのでしょうか?

見渡す限り状況は極めて悪いです。
メーカーにしても、トヨタやソニー、キャノンなどの
超優良企業がこぞって人減らしに走っています。
円高やアメリカ消費低迷による輸出企業の業績悪化
はここで繰り返す必要もないでしょう。

また、システム系(SE等)の状況もとても悪いです。
IBMなども正社員を含む人員削減に走っていますし、
IT投資は不況の中で、削減対象とされやすいこともあって
しばらく最悪の状態が続くことでしょう。


正直、我々エンジニアから見てみれば
世の中に価値を生み出さず、
マネーゲーム(ギャンブル)で自分達の何倍の給料を得ながら、
失敗しましたと言って世の中を大混乱に落としいれ、
挙句の果てに公的資金注入を得るような連中に
自分達の生活を脅かされているわけです。

怒りがこみ上げてくるところですが、
一人で憤慨してみても、何の解決にもなりません。


それでは、我々エンジニアはこれからどうしていくべきか?
よく不況時は投資のチャンスだ、
企業も個人も贅肉を落とし、筋肉を蓄えるべきだ。
とか言われますが、本当にどこまで落ちるか先が見えない
今回の不況では、きれいごとにしか聞こえません。

その中で、これからの時代を生き抜くポイントは
清貧思想にあると考えています。

清貧思想といっても、ただ切り詰めた生活をするだけ
ではありません。
物質的なことだけでなく、もっと人の内面「心」を考えなさい
ということです。


我々エンジニアは、今まで物質的なことに左右されすぎて
いたようです。でも、これからは物質的な時代を超えて
精神的なものがますます前面に出てくると思います。

物を作るエンジニアとして、「心」をどう扱うか?
この問題に答えを出すことが、次世代のエンジニアに
課された課題である。
そして、この不況期こそ、それを考える一番良い
機会になると考えているのです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エンジニア的不況の渡り方 理系スタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる