理系スタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS 数式も意味をもっている

<<   作成日時 : 2009/08/13 10:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

理系科目が苦手な人って、数式が大嫌い、という人が多いですね。

実は私も理系人間のくせに、数式はあまり得意でないのですが、
なぜ数式はわかりにくいのか、どうすれば少しはわかるようになるのか
ということを考えてみたいと思います。

一番大事なのは、数式の表す「意味」を考えることだと思います。


何回か同じことを書いているのですが、数式は言語と同じように
コミュニケーションの手段です。
ということは、数式も言語と同じように、意味を持っているのです。

当たり前と思うかもしれませんが、学校での教育の影響もあり、
このことを忘れがちです。

残念ながら、学校で学ぶ数学は受験用であることが多いため、
意味をもっていないものがほとんどです。

英語の授業でも、仮定法とか時制の一致とか、
英文法の問題文は意味を伝えるためのものではありませんよね。

それと同様に、学校の数式は本来の数式でないのです。


それに対して社会に出て、実際に出くわす数式というものは、
全て意味をもっていると考えることが大事です。


例えば、会計の分野でこんな式があります。

(総費用)=(変動費)×(売り上げ個数)+(固定費)

つまり、売り上げが0でも固定費分の費用は発生するし、
変動費は売り上げに比例して大きくなるということが言いたいわけです。


理解しなくはいけないのは、この文章の部分なのですが、
下のように、数式っぽく、書かれるととたんに思考停止になることがあります。

 TC = αN + β
  (TC:総費用  N:売上個数  α:変動費  β:固定費)

数式の特殊な文法のおかげで、壁が高く感じるわけですが、
言っていることは同じことです。


ちなみに数式の伝える意味というのは、
○○が増えると、××が減る、
△△が減ると、□□が増える
つまり、ものの増減関係が95%です。


数式にであう機会があれば、あまり形式的なことに目を奪われずに、
その意味するところと考えるというスタンスをとれば、
少しはわかり易くなるかもしれません。

もし、自分で理解できなくても、わかる人から教えてもらえれば
その数式の意味を理解したことになるわけですし。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
・大学の教授秘書は、なにをしてるの?
今回は、大学教授ではなく、教授秘書についての質問をいただきましたので、教授秘書についての、いくつかの疑問に、お答えします。◆質 問大学の教授秘書の仕事は、どのような内容ですか?国立大学の為、社員にすると公務員になってしますから契約という形で、一年ごとに... ...続きを見る
大学教授について教えて!大学教授、准教授...
2009/08/14 11:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
数式も意味をもっている 理系スタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる