理系スタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS わからないということは恐ろしい

<<   作成日時 : 2009/12/26 10:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 5


世の中には飛行機に怖くて乗れない人がいます。
東京から福岡まで、飛行機を使わず、頑張って新幹線で移動。
う〜ん。時間がもったいないですね。


統計上は、飛行機はもっとも安全な乗り物の一つといわれています。
でも、この手の人には、こんな話は散々聞かされてきたでしょう。
そんな問題ではないのです。


なぜそんなに飛行機が怖いのでしょうか?
考えられる理由の一つは、事故のインパクトが大きいからということです。

確かに、いったん事故が起こってしまうとそうなのですが、
それにしても、自動車事故だって悲惨です。

飛行機には乗れないけど、自動車には乗れるというのも
変な話ではないのでしょうか?


僕は飛行機が怖い本質的な理由は、
「なぜ、あんな鉄の塊が空を飛ぶのか、意味がわからない」
ということではないかと思っています。

アメリカの思想家エマーソンはこういいます。
『恐怖はつねに無知から生じる』

人間は、自分がわからないものに関しては、
恐怖心を抱くようにプログラムされているわけです。

飛行機が怖い人は、そんな恐怖心が人より少し多い人、
すなわち、ある種の感受性が強い人とも言えるかもしれません。


涼しい顔をして、飛行機に乗っている人だって、
飛行機が飛ぶことが「腑に落ちている」人は少数でしょう。

ある種の気味悪さを残しながら、利便性にひかれて、
そして、利用しているうちに、もうそんな気持ちも忘れてしまった。
こんなところではないでしょうか。


飛行機はまだ飛ぶ実体があるので良いですが、
これが電磁波や遺伝子工学、原子力の世界になると
本当に大変です。

携帯電話の電波は危険、原子力発電所は危険
遺伝子組み換え作物は危険、
これらは単に無知からくる恐怖ではないかと考えています。

さらに、それが高じて、アンチテクノロジーの過激な運動家もでる始末。
遺伝子組み換え作物を作っている農場を荒らしたりし始めると、
笑ってすますこともできません。


ただし、科学者、技術者の側にも、問題はあって、
「どうせわからないから」と説明を放棄してきたことが
こんな事態を招いた原因になっているわけです。

本当に「どうせわからない」のでしょうか?

確かに詳細に語ることは難しいのですが、
必要なのはそんなことではありません。
「府に落ちる」ことなのです。

例えば、自動車のエンジンは大変なハイテクの賜物で、
専門家以外には全く理解できないモノだと思うのですが、
「ガソリンを燃料として動き、排ガスを出す」
といった、リアルな実感があります。

ですから、CO2廃絶などと言われながらも、
交通事故で一年に五千人以上の命が失われても、
人は自動車を気味悪くなく使うことができるのです。


電磁波や遺伝子など、目に見えないものに実感を持たせることは
簡単ではないかもしれません。

ですが、方法は必ずあるはずだ。と考えています。


人々からこんな不安を取り除くこと。
この責任が、エンジニアにもあるのではないでしょうか?



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
続 わからないことは恐ろしい
前回の、わからないことは恐ろしい、に反響がありましたので 今回は補足の続編を書きたいと思います。 ...続きを見る
理系スタイル
2010/01/09 06:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
原子力や電磁波に警鐘を鳴らしている科学者も多数おりますので、一概に、それらを恐れる人を文系脳?とするのはどうかと思います。現実に原子力はチェルノブイリの事故があり、電磁波も害がありますので、現時点の科学でたぶん大丈夫だろうという規制値を作っているわけです。
しかし、最近その規制値が時代遅れということで、各国が規制に動いています。そうした情報を網羅されているご様子もなく、「わからないことは恐ろしい」というのはどうかと思います。どちらかというと、「知らないということは恐ろしい」です。
うーん
2009/12/27 06:31
明けましておめでとうございます。
いつも楽しく拝見しています。
2010年も私の知らない理系さんたちの知られざる姿について色々と教えて下さいね☆
もも。
2010/01/01 17:03
「うーん」さん

確かに、危険性はゼロとはいえないのですが
どう考えても、
危険性を過大評価していると思います。

ひとついえる確実なことは、
日本に電磁波や放射能で亡くなったり、
健康に害を及ぼした人が何人いますか?

自動車などは、毎年5千人を超える人が亡くなり、
何十万人という人が怪我をしているわけです。

でも、便利だから使っているわけですよね。
それに比べて、電磁波や原子力の害は
過剰に反応されていると思いませんか?

まあ、原子力に関しては、
いったん事故が起こると
あまりに影響が大きいので、
現に苦しんでないからといって、
それで良いとはいえないでしょうけどね。
理系スタイリスト
2010/01/04 23:25
「もも」さん

あけましておめでとうございます。
いつも読んで下さって、ありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。
理系スタイリスト
2010/01/04 23:28
明けましておめでとうございます。
例え、統計上の結果、論理を話しても、一度ついた恐怖心などをなくすのは難しかもしれません・・人は文系、理系を抜いても知らない事に対する恐怖はあると思います。ですが知る事理解することが大切なのは変わらない事し恐怖心をなくすにはもっとも近道だとおもいます
ですが私怖いから知るのでは無く、もっと知る事を楽のしんでほしいと思います


2010/01/05 18:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
わからないということは恐ろしい 理系スタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる