理系スタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS 「科学は万能」という科学者は信じるな

<<   作成日時 : 2010/04/19 02:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


講演会などで色々な研究者の方の話を聞いてみると、
能力が高く、成果を出している人ほど謙虚だな、と感じます。

そんな人間性が、人の能力を向上させるのだ、
という話もあるかもしれないのですが、
私は科学自体に人間の限界を感じる何かが
あるのではないかと考えています。


というのも、科学というものは、
わかればわかるほど、わからないことが
増えていくものであると思うからです。

例えば、物理の大学教授は
当然私より物理の知識は多いでしょう。

ただし、わからない(と認知していること)ことも、
私より、桁外れに多いといえるのです。

一つわかると、三つわからないことが増えるような世界。
どこまで研究を進めても、結局自分は何もわかっていないのだ、
ということを再認識させられるだけです。


まあ、何がわかっていないか?、ということがわかるのは
大変な進歩であることも、間違いないですけどね。

本当にわからないと、なにがわからないのかさえ
わからないものですから。。。

「無知の知」とは、まさにこのことを表現するためにある。
そんな世界なのかもしれません。


そんな世界において、
「私は全てを知っている」とか「科学は万能だ」
などと主張している人がいれば、
その人は自ら、自分は本物でないと
宣言しているようなものだと思うのです。

こんな事を言っている科学者がいれば、
それはニセ科学である可能性が高い。

あまり、深入りしないほうが良いのかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「科学は万能」という科学者は信じるな 理系スタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる