理系スタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS 女子率1.6%の世界

<<   作成日時 : 2010/08/04 23:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私が勤める会社も、来年度新卒で入社する学生の
採用活動を終えたという話が入ってきました。

来年度は60人ほどの新入社員がいるようです。

そこで少しビックリする話が!
なんと、その中で女性は1名。

実に60人のうち1名ですから
女子率1.6%ほどになります。


いっそのこと0であれば、ただの男軍団になるのですが、
一人というのがまた難しい。

この一人は、周りから多大な注目を受けることになるでしょう。
僕だったら、かなり厳しい…。ノイローゼになるかもしれません。

まあ、電気系に進む女の子ですから、
大学も周りは男ばかりだったことでしょう、
そんなことにも慣れきってしまっているかもしれませんね。

特に、心配は無用でしょうか。
そうだったらいいのですが。。


それより心配なのが、自分の会社が女性に
見限られているのではないかということです。

例年は少ないとはいえ5〜10%位は女の子がいるものなのですが、
今年ははっきりと少ないです。

もし、女の子から見て、会社の魅力がないとしたら、
相当ヤバイことだと思います。


マーケティングの世界などでは、なににしろ
まず女性の心をつかむことが重要といわれます。

直観が鋭くて、口コミの伝染力が強い、
特に世の消費のトレンドを握っているのは
間違いなく女性でしょう。


私の勤める会社は、半導体メーカーなので
直接消費者の目に触れるものではありません。

ですが、そんな世のトレンドを押さえている
女性から魅力がないというのは非常に問題です。

なにか、決定的な問題があるのかもしれません。


この業界は非常に停滞感が強いのですが、
女性に好まれる企業、業界を目指す、
こんなことから、雰囲気を変えていけるのかもしれません。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
女子率1.6%の世界 理系スタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる