理系スタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS 実は哲学は理系的だった

<<   作成日時 : 2010/10/06 06:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

あるベストセラーの本を読んで、
初めて「哲学」というものに真面目に向かいあってみました。

そうすると、「哲学」というものは、
科学の正反対の学問かと思っていたのですが、
意外に理論的で理系と相性がいいな
と感じることになったのです。


そもそも、「哲学」というものが、
なぜ存在するのでしょうか?
人間にとって必要なものなのでしょうか?

それは私見ですが、次のように考えています。


それはつまり、人間の生き方として何に従うべきか?
ということだと思うのです。

自分の本能のみに従うことは下。
これはほとんど動物と同じ世界です。

他人に従うことは中。
社会性という人間らしい行動は身につけていますが、
他人に従うだけでは、主体的な人間とはいえません。

それでは、あるべき姿は何なのか?
自分の感情に従うことでしょうか?
いやいや、それではただの気分屋です。

あるべき姿、それは自分の「原則」に従うことなのです。

「原則」というものは、自分の中の法律のようなもので、
自分の行動の拠りどころとなるものです。

そして、その原則は基本的に自分で決めるものです。
自分の中では、国の法律よりも、重要なものなります。

この「原則」に従ってこそ、人間は人間らしい
尊敬される生き方ができるのです。

宗教というものは、この「原則」を外から
取り入れる行為、と考えられるかもしれません。

そして、この「原則」を論じる学問こそが、哲学なのです。


例えば、ある人が、
「私は全世界の幸福を最大にする。」
という原則を持っていたとします。

すると、この原則から、
金持ちから、貧乏な人に冨を再配分したほうが
良いという結論が導かれます。

なぜなら、例えば、
金持ちが10万円失う悲しみよりも、
貧乏な人が10万円得る喜びの方が、
明らかに大きいからです。

ですから、再配分により、世界全体の幸福を大きくできます。

ですから、この原則を持つ人は、
金持ちに増税するという立場をとることになります。

とはいっても、この考えを押し進めて、
みんなが完全に金銭的平等な社会になれば良いのか、
というと、これは少し無理があるわけです。

この矛盾を解決するために、
原則の定義や解釈を考え直す必要があります。

この過程こそが、「哲学」なのです。


ですから、哲学は非常に理論的な学問です。

絶対的な「原則」があって、
そこから理論的に導かれる行動を議論する。

考え方が、非常に数学に近いですね。


よく考えれば、海外で科学系の学位は"Ph D"といって、
PhとはPhilosophiae、つまり哲学のことです。

理系と哲学は相性がよい、というより生まれは同じもののようです。

理系の人が、食わず嫌いをせずに哲学の本に触れてみれば、
意外にのめりこんで、人生を豊かにしてくれるのではないでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
いい話をありがとう!
sakuragipo
2010/10/06 06:55
数学と哲学は結構繋がってますよ。有名どころでは『ゲーデルの不完全性定理』とか。でも哲学屋さんは自分の主張の補完として強引に、論理の塊である数学を使っている気が(笑)
数学屋になれなかったデモシカ教師
2010/10/10 23:59
 そもそも理系、文系という分類自体があまり意味はないように思えます。賢い人は文理どちらもできるけど、そうでない人は文理どちらも駄目ですね。
 ただいわゆる理系学部で論理思考に弱いと淘汰される確率が高く、日本の官界のような場(文系とされてきた学部の出身者が多い)では暗記馬鹿でもそれなりに出世できるので、文系は馬鹿でもできるかのような印象が広まったのでしょう。
 でも優秀な文系の人は論理思考も強いです。詩人のような芸術家の中にはそうでない人がいても、けっして文系が論理に弱いわけではなく、昔の哲学者は科学者との兼業が結構いましたよね。専門馬鹿が増えてしまったのは当人にも社会にも不幸な事態で、どうにかしなければならんと思います。
両刀使いになりたい
2010/10/27 22:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
実は哲学は理系的だった 理系スタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる