理系スタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS 放射線のデータを見るときに

<<   作成日時 : 2011/04/23 23:49   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

国が公表した放射線の資料を渡されて、
「私はこんなもの全く信用していませんから」
こんなことを言っていた人がいました。

確かに、疑心暗鬼になるのもわかるのですが、
折角のデータを全く活用しないのはもったいないです。

今日は科学関連のデータを見る際に
気をつけるポイントについて書きます。


まず、科学や技術に携わるものにとって、
生の数値データというものは非常に重要なものです。

もし、データ自体が改ざんされてしまったら、
自分達の議論の土台が消失してしまいます。

こんな罪を犯したものがいたとしたら、
その者は科学技術のコミュニティから
完全に排除されてしまうでしょう。

ですから、この数値自体に改ざんがある可能性は
極めて低いと考えてよいでしょう。


ただし、出されたものをそのまま丸飲みして良い
ということではありません。

なぜなら、データは正しくても、
そこから得られる結論が間違えていることがあります。

つまり、「○○が減少しています」、
と言ってデータを出したのに、
よくデータを見ると、減少していない、
または、そのデータだけでは減少しているとはいえない
といったケースです。

しかし、それはデータの間違いほど問題にはされません。
なぜなら、考え違いは誰にでもあることですし、
科学技術の世界のコミュニケーションは、
受け手側に大きな努力を要求する文化だからです。

つまり、データさえ正しければ、結論を検証するのは
情報の受け手の責任、というわけなのですね。


ですから、もし国の発表する内容が怪しいと思うなら、
まずは公表されているデータをちゃんと見てみましょう。

特に、必要なはずのデータが欠落していないか、
どんな条件でデータをとっているか、
などは確認すべき重要なポイントです。

疑うより検証する。
全てはそこから始まるのです。

それさえせずに、たんに信用しないと叫ぶのは、
あまりに無責任な行為に思えます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
放射線のデータを見るときに 理系スタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる