理系スタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS 理系の買い物上手

<<   作成日時 : 2012/02/05 02:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

最近はスマートフォンが人気です。

いま、新規で登録されている携帯電話の
7割くらいはスマートフォンともいわれており、
まさに流行の渦中にあるという感じですね。

ただ、このスマートフォンというもの、
一体何に使うのだ?とか、今までの携帯と何が違うの?といった
本質的な疑問が投げかけられることも多いです。

通信料が高くなってしまったり、電池の持ちが悪いといった
弱点があるのも確かですからね。

おそらく、今スマートフォンを買っている人の大半が、
何となくブームだから、という理由なのでしょう。

まあ、買い物なんて個人的なものですから、
それも悪くはありません。

でも、残念ながら、それを意味のない買い物と
バカにする人もいるようです。

今日は、エンジニアの私のような人間が、
パソコンやスマートフォンなどのIT機器を
どうやって選ぶかという話をしたいと思います。


モノを選ぶ際に一番重要なのは目的です。
とはいえ、パソコンやスマートフォンを選ぶ場合、
ほとんどはネットとメール、そして電話といったところでしょう。

画像や音楽の編集や、ネットワークゲームなどの
特別な目的があれば対象が限定されてくるのですが、
平凡な目的しかないが故に、選ぶのに苦しむのです。

特に、IT機器の場合はお店に行くと、
機能の比較や性能の数値などに惑わされます。
少しでも機能が多かったり、高速だったりしたほうが
便利なように思えるでしょう。

でも、目的がネットやメール程度であれば、
結局のところそんなことはどうでも良いのです。

まず、お店にある中で一番安いものを探して、
それを基準として買うものを選びます。

つまり、この機種は○○の機能がついているから
10000円高くなっている。
そこで、この機能に10000円出すのか?
ということを検討していくのです。

すると、ほとんど一番安いもので十分なことがわかります。

まあ、それに絶対必要な1つか2つの機能を
つけるくらいですね。


ちなみにスマートフォンは機能の差はほとんどありません。

携帯は持ち運ぶものなので、
デザインだけで選んでしまって問題ないでしょう。

僕は、使い放題で通信料が一番安い機種を選びました。

ただし、お財布ケータイやワンセグが必要な人は
少し気をつけなくてはなりません。


こんな感じでしょうか。
つまり、難しいことは考えずに、
単に安いもの、デザインが気に入ったものを買う。

これが、一番賢い買い方なのです。
機能や性能に惑わされてはいけません。

私のようなエンジニアは中身を良くわかっているので
簡単にその機能は必要ないと判断できる分
賢い買い物ができるのでしょう。

大事なのは捨てることなのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
その通りです。という事は、
一番安いもので十分なら
安い従来型携帯電話で十分ですよね。
通りすがり
2012/02/22 12:27
携帯電話の場合、
いいものが高いと限らないのが
妙なところではありますが…。

例えばiPhoneは「安い」ですよね。
エンジニアライター
2012/02/26 02:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
理系の買い物上手 理系スタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる