理系スタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS 設計の仕事の面白さ

<<   作成日時 : 2012/03/31 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


エンジニアの仕事の代表的なものとして「設計」があります。
ビルや家などの建物、道路やダムなどの構造物、
車や船などの乗り物、テレビやビデオなどの電化製品など
色々なものを設計します。

ただ、設計というのは別に理系に限った仕事でもないはずです。
人事制度の設計、店のレイアウトの設計、価格の設計など
文系の仕事にも「設計」は存在しているのです。

その中でも、理系の設計の仕事の特徴とは何なのでしょうか?


それは、原因と結果がはっきりしているということです。

文系の仕事の場合、お客など「人」が絡んできますから、
完璧な設計などないし、どうしても読みきれない部分が出てきます。

しかし、理系の設計は結果のあるところには必ず原因があり、
正しい設計をすればちゃんと動くし、間違いをおかしてしまえば、
特定の条件の元では必ず誤動作してしまうのです。

まあ、モノは裏切らないということでしょうか。
その信頼感が設計の仕事の醍醐味なのです。

相手が人の場合だと、必ず成功する失敗するなんて
言い切ることはできません。
例えば、必ず人を呼べる店、やる気を出してくれる人事制度
なんてありえないことは確かでしょう。

最近はかなり論理的に語られるようになっていますが
理系の設計とはまだまだ確実性が違います。

つきつめて考えることが好きな人にとっては、
理系の設計は、魅力的な仕事なのです。


ただし、理系の人間が正しい設計をしても、
最終的には人がそれを判断します。
いくら良い製品でも人が認めないと売れないし
多少問題があっても、人を魅了すれば売れるわけです。

理系の人間は「良い」、「正しい」にこだわりすぎ
なのかもしれませんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
設計の仕事の面白さ 理系スタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる