理系スタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS 働くママにとってエンジニアが適している3つの理由

<<   作成日時 : 2012/05/02 02:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


会社で4月、5月の人事異動をみていると、
女性の復職、という内容が目立ちました。

4月は入園、入学のシーズンですから、
出産と育児で休職していた女性が、復職するのですね。

ということで、エンジニアの仕事は、
育児との両立という観点でどうなのか考えてみました。

そんな視点でエンジニアという仕事をみてみると、
子育てをする女性にとっては比較的良い環境だと思います。

今回はそんな話をしたいと思います。


@時間の都合を立てやすい
例えば、営業の仕事だと、顧客の対応が重要ですから、
なるべく、仕事を抜ける時間を少なくしなければなりませんし、
突発的な対応なども多いです。

顧客訪問の日程などは自分の都合で
動かせるものではありませんし、日程の硬直性が高いといえます。

子どもが熱を出した、という時のダメージはとても大きいでしょう。

反面、エンジニアの仕事は文系の仕事に比べれば、
やるべきことが明確で、スケジュールの都合をつけやすいと思います。

もちろん、1ヶ月後のアウトプットなどの、仕事の日程はあるので、
仕事を抜けると、どこかでカバーしなくてはなりませんが、
一日や数時間単位の調整は確実にやりやすいはずです。


A手に職をつけることができる
育児のために休職してしまうと、
戻った時にどうなるのかが心配だと思います。

ですが、エンジニアの場合、仕事は技術につきますので、
復帰後も同じ仕事を続けやすいと思います。

また、どうしても育児で会社を辞めざるをえなくなっても、
スキルが明確なので再就職しやすいです。

また、再就職の条件も良いことが多いでしょう。

特に、希少性の高い技術を身につけてしまえば、
それは一生ものの財産になります。
女性といって軽く見られることなどありません。


B職場外でのスキルアップがしやすい
基本的に仕事は現場で学ぶものですが、
その程度は職種によって異なります。

その中でも営業や人事など、文系の仕事は
比較的経験に負うところが大きいと思います。

営業トークや部下とのコミュニケーションスキルなど、
理論より実践あるのみですからね。

一方、エンジニアのスキルの中には、
理論やコンピュータ言語など、
教科書によって独学できるものが比較的多いです。

これなら、職場を離れてもスキルアップが可能です。



もちろん、仕事は甘いものではないので、
理系職だからすんなりいくというわけではありません。

ですが、これらの条件を考えると、
少なくとも、やりやすいことは確かだと思います。

このメリットを考えて、ぜひたくさんの女子学生に
理系を志して欲しいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
働くママにとってエンジニアが適している3つの理由 理系スタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる