なぜ試験の時間はあれほど短いのか?

なぜ、テストの時間はあれほど短いのか?
学生の時、そのように感じた方は多いと思います。

特に、大学の入試試験、センター試験などは、
反射神経を試しているとしか思えません。

あれは考えていてはダメですね。
手が反応するようにしていないと時間内で
完答することはできません。

思考力の育成といいながら、
学力を評価するテストが反射神経指向になっている
ということは大きな矛盾のような気がします。



もちろん、短い試験時間が意味を持っているテストもあります。
例えば、TOEICを始めて受ける時には
だれもがその時間の短さに驚くでしょう。

ただ、それはその短時間で英語を処理する能力をも
測っているのでそれでも良いのです。

一方、数学や理科の問題を解くのに、
本当にあんなスピードが必要なのでしょうかね。


私の場合は、テストは本当に時間が足りなかったですね。
なんせ、私はミスがとても多いものですから、
答えの検証に十分時間をかけなければいけないのです。
その時間が足らずにうまくいかないことが多かったです。

問題の作り手にも言い分はあるのでしょうが、
僕のような人間が悔しい思いをしないためにも
もう少しテストの時間を延ばしてもらえると良いですね。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ララミィ | 消費者詐欺被害センター

    Excerpt: 消費者詐欺被害センターは『お金を騙し取られた』などの悪質な詐欺被害情報を検索、投稿出来る口コミサイトです。『おかしいな?』と思ったらまずは検索を! Weblog: ララミィ | 消費者詐欺被害センター racked: 2013-09-05 01:54