理系スタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS iPhoneの気持ちを知ること

<<   作成日時 : 2017/05/18 18:06  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

機械にだって、気分がある。
僕はそう思っています。

パソコンやスマホの調子がおかしくなった時、
よくわからないけど、
再起動をすると問題が解決した、
という経験はないでしょうか?

調子が悪かったり、いつの間にか直っていたり、
コンピュータなのですけど、
人間のように機嫌があるようにしか見えない、
そう思えることがあるのです。


もちろん、コンピュータなので、
何かしら、不具合の原因というものはあるのでしょう。

しかし、ほとんどの場合、
原因の特定は簡単ではありません。
僕を含め、普通のユーザーには手におえる
ものではありません。

となると、いっそのこと、
機嫌と考えたほうがまだわかりやすいです。


ただ、人間と一緒で、機嫌にも傾向があります。
人間だと、お腹がすくと機嫌が悪くなる人、
乾燥してくると、のどを痛めて風邪を引きやすいなど、
なんかしらの傾向というものがあるでしょう。

同様に機械にも、
このデバイスを接続すると不具合がでやすい、とか
起動直後にこの動作をさせると固まってしまいやすい、
など、なんかしらの傾向があります。


僕は半導体のエンジニアですから、
こんな傾向を察知する能力が
普通の人よりは高いと思います。


例えば、iPhoneの電源が突然切れる、
という不具合が多発した時期がありました。

内容は、電池の残量が40%位でも電源が落ち、
充電してください、という表示が出るのです。

この時、バッテリーを交換した人もいたのですが、
僕はしばらく様子をみることにしました。

というのも、
1、OSをアップデートした後から発生しだした
2、気温が低いと発生しやすく、
  逆に本体を温めると回復することがある
3、充電すると0%からではなく、
  電源が落ちた時(40%位)から始まる

ということから、電池のような物理的磨耗よりも、
ソフトウェアの問題、特に電池が少なくなった時に、
電源を落とすクライテリアの問題
ではないかと考えたのです。

案の定、後でOSをアップデートすると、
この不具合は解決しました。


これからはロボットやAIなどが、
さらに世にあふれてくることでしょう。

そうなると、他人の気持ちを知るように、
コンピュータの気持ちを知ることが大事になります。

そして、コンピュータの気持ちを知るのに、
有効なことがプログラミングを勉強することです。

プログラムはコンピュータの思考回路
そのものなのです。

最近はプログラミングが人気の習い事に
なっているようですが、
このような目的意識があれば、
効果もより高くなることでしょう。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
iPhoneの気持ちを知ること 理系スタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる