理系スタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS 運動音痴とスポーツ

<<   作成日時 : 2005/10/24 00:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

私が非常に運動音痴であることは前にお話したと思います。

そういうわけで、特に中高生の時は、体育の時間に気を病んでいました。

大学進学の際、当然体育実技が必修でない学校を選びました。
そして、高校最後の体育の時間を終えた時の
「ああ、俺は耐え切った。これで俺は一生スポーツをしなくていいんだ。」
という感動は今でも覚えています。


というわけで、私はスポーツを「敵」のように見てきました。
しかし、本当にそれでいいのでしょうか。本来スポーツは自分の身体や
精神を鍛えてくれる大事なもののはずです。

それに私のような人間でも、運動をして良かったこともあります。
・高2の時、懸垂ができるようになり、スポーツテストで5級を取った事
 (スポーツテストは1種目でも0点があると、級外になります)
・高2の時、初めて逆上がりができるようになった事

逆に、スポーツにおける心の傷を洗い出してみると、次のような言葉が
心に浮かんできました。
「またチームに迷惑をかけてしまった」
「あの人、俺が滅茶苦茶下手だと思っているんだろうな」
「うわっ、女子より遅い、恥ずかしい」
「俺だけできない、恥ずかしい」

こうやって、改めて当時を思い起こしてみると、運動が嫌いというより
それに付随する、周りの目を気にしていたのだなと思いました。

とすると、完全に一人で行う運動であれば受け入れられるはずです。
実際に、今まで運動をしていて嬉しかったこと、逆上がりや懸垂などは
一人で努力し、一人で結果を出した瞬間でした。

例えば、筋トレ、体操、ジョギング、水泳、自転車、などであれば、
完全に一人で行うことが可能です。こんな分野がいいでしょう。

ただし、気をつけなければいけない事は、タイムやスコアなどは記録
しないことです。もし、記録してしまうと、どうしても人と比較したく
なります。

比較してしまうと、「えっ、おれは60代と同等か…」
ということになり、見えない他人に苦しめられることになります。


対戦相手がいる格闘技やチームプレイの球技などは、どれだけ
頑張っても絶対にできないでしょうね。過去のトラウマがあるので。

スポーツを通じて、良い友達ができたりするので、うらやましくも
思いますが、ないものねだりをしても仕方がありません。


人は自分の持たないものよりも、その他の自分に与えられた才能
を使って生きていくべきです。

それでも、人生から運動やスポーツを切り離す事は弊害が
大きすぎます。健康や知性にも左右してくるわけですから。

そしてスポーツを嫌いになっているトラウマに他人の目が関与
しているとすれば、人とのつながりを完全になくしたスポーツこそが、
運動音痴にとってのスポーツとの付き合い方なのでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
やっぱり異常な僕らの世界
昨日あるセミナーに出席してきました。 ...続きを見る
理系スタイル
2008/04/27 12:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おお、お仲間がこんなところに。

私も体育が超苦手で、高校を卒業した時は
「これで一生スポーツしなくていいんだ!!」
と、嬉しかったものです。これが一番嬉しかった(^^;(入学した大学は体育必修だったので、ぬか喜びでしたが・・・・)

そんな私が、大好きなスポーツを大学時代に見つけました。それはフィギュアスケート。
バックワードクロス、スリーターン、スピンにジャンプの予備練習まで!我ながら信じられなかったけど。

多分、私は団体競技(迷惑かけちゃう)や、勝ち負け(勝ちたいと思わない)のあるものが嫌いなんですね。特にバスケットやハンドボールは苦手でした(別にボール欲しくない)。

フィギュアスケートは1人で黙々とハマって練習できたので、楽しかったです。フィギュアスケート選手の活躍をテレビで見ると、学生時代を思い出して、また滑りたくなってしまいます。

たかぴ
2006/01/23 11:04
コメントありがとうございました。

この手の話って、共感してもらえる人
は本当にツボにはまります。

たかぴさんの場合は、運動音痴と
いうより、スポーツの雰囲気が嫌いだった
のかもしれませんね。

私はもちろん運動音痴ですが、チームで
スポーツの試合をするときの、あの空気も
とても嫌いでした。

フィギュアスケートっていいですね。
私もそんな風にスポーツを楽しめたら
いいな、と思います。



タカフミ
2006/01/24 01:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
運動音痴とスポーツ 理系スタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる