理系スタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS 一番足りていないのは聴く力

<<   作成日時 : 2008/06/13 04:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


スピーチ、プレゼンテーション、ライティング、
殆ど全ての人にとって、人に何かを伝えるということは、
重要な課題で、プレゼンテーション教室など
伝える力を磨く本や先生は世の中にたくさんいます。

一方で人の話を「聴く」能力に興味を持っている人は
特にエンジニアにはまだまだ少ないと感じています。
ただ、聞いているだけで、聴いていない人が多い
ということです。

コミュニケーションの本質とは、聴いて、伝えること
ですから、自分の考えをうまく伝える前に、
人の考えていることを適切に受け取る必要が
あるのは明確です。


一方、最近では「聴く」力の重要さを訴える動きも
少しずつ大きくなってきているようです。

例えば「コーチング」のスキルといえば、
「聴く」スキルが重要であることが認識されていますし、
SE(システムエンジニア)などが、真の顧客要求を
汲み取る技術として、「聴く」力に焦点を当てた
本なども増えてきたようです。


しかし、仕事関係では「聴く」力が見直されつつありますが
こと家族や友人、恋人などに対しては旧来の
コミュニケーション方法を変えない人が多いようです。

即ち、相手の言うことをちゃんと「聴かず」に
自分の主張を押し付けるようなコミュニケーションです。
特に、理系人間には、論理的な人が多い分
この傾向が強いと思います。

例えば、女友達がパソコンを欲しがっていて相談されたとします。
その友達は、「なんとなく」このメーカがいいとか、
この色がいいとか、といっています。

それに対して、いや値段やスペックやメーカーの実績を
ちゃんと分析して決定すべきだ、と主張する、
こんな行為をしていないでしょうか。

論理的である事を絶対と考えて、人に考えを押し付ける
ことをしていないでしょうか?

世間一般に言われる、理系人間が与える冷たい印象は
論理的な自分の思考を絶対視して、
特に女性が話す感情に対し、聴く耳をもたないのが
一番本質的な理由でないかと思っています。


それでは、「聴く」力をつけるにはどうすれば良いでしょうか?
私は2つのことに気をつければいいと思います。

一つは「理解できない」をNGワードにすることです。
感情的な人や幼稚な人、果ては犯罪者であっても
「理解できない」ですまさずに、
何でこの人はこんな行為をするのか?
という姿勢をとることです。

二つ目は、人の話を繰り返すということです。
例えば、「疲れてるんだ」と言われれば、
「もっと頑張れよ」でなく、「そうか、疲れてるのか」
と相手の言うことを繰り返してみることです。

そうやって、人の言うことを繰り返す中で
最初は「理解できない」感情が共感できるように
なるのではないかと思っています。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
そうですね。
このトピックを取り上げてくれてよかったです。
「負けて勝つ」を思い出しました!個人的な話ですが、近所の小さい子供がサッカーをしているのですが、しょっちゅう家の窓に強く当てたり、植木鉢をひっくり返したりして、親は見ておらず、明日、彼らの親にクレームをしようと決意しましたが、どうやってクレームをつけたらいいものか、悩んでいました。
大抵のクレームってヒドイ場合は逆ギレされたり、双方不快なものですよね。私は子供がまだいないので、子供の事についてあまり寛容になれません。騒音はともかく、自分のテリトリーにまで入ってこられるのはとても不愉快です。でも、親御さんの気持ちを考えると、最近は遊ぶ場所もないし、変な人が多いし、大変なのだと思います。
だから、腰を思いっきり低ーくして、お願いしようと思います。たんに自分の意見を通すのではなく、相手を思いやれば、物事は上手く行きそうな気がします。理系スタイルさんが言われている事はコミュニケーションの中でとても重要な事だと思います。
さおり
2008/06/16 00:02
やっぱり、相手の立場に立って考えてみる
ということが大事なのでしょうね。

さおりさん、子供、その親と立場は様々で
見方も180度変わってきます。

「非常識な」「心の狭い」「無理解な」
お互いがお互いをこんな風に考えて
いては話は平行線のままです。

まずは、相手の話を「聴いて」相手を
理解しようと努力してみる。
この姿勢が大事じゃないのですかね。

世の中、「理解できない」と言って
全くこの努力をしようとしない人
が多いような気がします。
タカフミ
2008/06/17 00:20
お返事有難うございます。
「聴く力」って想像力なんですよね。
江原さんが、私たちは「インスタント世代」だって言ってて、そだなーと改めて反省しました。
理解するより、「結果」を求めてしまうんですよね。
自分にとっての最高の結果。
結果なんて、自分の思い通りにはならないのに
それ以外の結果を受け止める包容力がない。
でも、自分を苦しめているだけだなって思う時が最近あるんです。「これもありえる、あれもありえる」って考えたほうが楽かなって。
さおり
2008/06/22 02:56
想像力は非常に重要だと思います。

例えば、子供のいない人に親の気持ち
を理解しろと言っても、完全に理解する
ことは不可能でしょう。

それでも、「理解できない」と切り捨てる
より、想像することにより、相手の立場
を少しでも理解することができるのです。

あと、結果の話ですけれども、
結果というのは相対的なものです。
人に勝つとかノルマを達成するとか…。

でも、それだけではなく、結果よりも
プロセスを重視した方が軸はぶれません。

超一流のスポーツ選手がよく言う、
「全力を尽くしました、悔いはありません」
この境地なんでしょうね。
タカフミ
2008/06/23 00:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
一番足りていないのは聴く力 理系スタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる