なぜ、文転はあっても理転はないのか?

「文転」という言葉を知っているでしょうか?
これは、高校では理系のクラスにいるけれども
大学で文系の学部に進学することをいいます。

また、理系の大学に進学した場合でも、
給料等の待遇の良さから、商社や銀行等に就職する人も
けっこういて、これも「文転」と呼ぶことができるでしょう。

もっと言えば、エンジニアをしていて、文系職種へ転職する
ことも「文転」といえるでしょう。

しかし、この理系から文系に転進する「文転」は
結構多いのに対し、逆に文系から理系へ進む「理転」
は非常に少ないです。(0ではないのですが…)


高校から大学へ進学を考えれば、
これは受験科目の壁が高いことがあげられるでしょう。

理系に進んでも、国語や社会の授業時間が0になるわけ
ではありませんから、基本的に高校で学んだ知識で
受験することができます。

ただし、文系の場合は、理系のみ履修する高等数学や
物理などの科目があり、理転を考えた場合は
それらの科目を自己学習する必要がでてきます。

それが、「理転」が少ない理由だと思いますが、
これならまだまだ試験だけの問題ですので
頑張ればなんとかなるレベルです。

しかし、社会にでてしまうと、どうしようもない位
「理転」は難しくなってしまうのです。
それは、次の3つの理由によります。

①一旦文系の仕事を始めると、理系の知識に触れる
 ことがほとんどなくなる。
→理系の職業でも、社会人として生きていく以上
 マネジメント、経理、営業、人事といった文系的な
 職務から完全に開放されるわけではありません。
 その反面、文系の職種についてしまうと、
 全く、理系的な知識は必要が無くなります。

②理系の社会では、ラベルを重視されやすい。
→技術職では、就職活動で研究室推薦が主流なところもあり、
 大学や研究室、職歴などが文系職以上に重要視されます。
 まあ、どれだけやる気をアピールされても、専門知識がないと
 何もできないので、しかたがないのかもしれませんが。。

③理系には資格でできる仕事が少ない
→例えば、弁護士や公認会計士などは、試験に合格するのは
 非常に難しいですが、合格してしまえば道がひらけます。
 少なくとも、法学部を出ていても、工学部でも差別はないでしょう。
 でも、理系の仕事には合格すればOKというような試験は
 ほとんどありません。
 どうしても転進したければ、大学からやり直すことになります。


というように、理転って本当に難しいんですよね。

これは、理系の宣伝になってしまいますが、
ここに書いたように、理系に進んでも文系の仕事をするのは
比較的簡単、でもその逆は難しいです。

だから、もし文系、理系の選択に悩んでいる高校生がいれば
将来の可能性を狭めないという観点で
理系を選択するという考え方もあるのかな、と思います。

この記事へのコメント

失望者
2015年07月23日 01:14
もう少し早くこの記事を読んでおけば良かったです。
やり直せるなら人生やり直して大学受験の頃に戻りたい…

この記事へのトラックバック