理系スタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS 意外に大きい理学部と工学部の学生の違い

<<   作成日時 : 2013/11/24 06:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

大学で理系学部というと、
理学部、工学部、農学部、薬学部、医学部などがあります。


このうち、理学部と工学部なのですが、理工学部と2つ一緒にした
学部もあるので、似たようなものかな?、と思いがちです。

でも、特に「理学部でないとダメ」という理学部の学生と
工学部の学生では、考え方に大きな差があるのです。


例えて言うなら、画家(芸術家)とイラストレータの違いに例えられます。

つまり、画家(芸術家)というものは美を極めることに感心がある人で
良くいうと純粋、悪くいうと自己満足という世界です。

一方、イラストレータは絵自身より、その絵を通して
世の人や社会にいかに影響を与えられるか、ということが
より重視されるわけです。


それと同じように、理学部は「なぜ」という探究心が
研究のモチベーションになっているのに対し、
工学部は科学を利用して、どんなものが作れるか?
ということがモチベーションになってくるのです。


私は「理学部でないとダメ」と理学部に進学したクチなのですが、
大学卒業後はメーカーに就職しました。

一旦、企業に入社して仕事を始めてしまえば、
理学部も工学部もないと思っていたのですが、
意外にものごとの考え方で差がでるのですよね。

たとえば、こんな感じです。
(あくまで、私のイメージなので偏見もあるでしょうが)

理学系は、理想を語る、意外にファジー、一匹狼的。
工学系は、現実的、数字に細かい、グループで成果を出す。


なお、理学部や工学部以外の理系学部、
農学部とか薬学部とか医学部などにも、
やっぱり理学的な考え方をするひとと、
工学的な考え方をする人がいます。

もし、身の回りに理系の人がいるのであれば、
どちらのタイプか聞いてみるのも面白いかもしれませんね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
意外に大きい理学部と工学部の学生の違い 理系スタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる