理系スタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS 理系の強みが弱点に変わるとき

<<   作成日時 : 2010/01/30 23:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5


理系の長所というと、その論理的な思考にある
とされていますし、実際そうなのでしょう。

ですが、それが悪い方に働くこともある、
というのが今日のお話です。

ちなみに、恋愛ネタではありません(笑)


実は、というわけでもないのですが、
私は英語に苦手意識を持っています。

というのは、高校時代に英語の教師から言われた
言葉がもとになっています。

それは先生にある質問をもっていった時でした。
10分ほど色々なやりとりをして言われたのが、
この一言でした。

語学は「なぜ」を言っていると絶対伸びないよ。
(ちなみに、「怒」モードで言われました)

当時の私は、この言葉に傷ついてしまい、
この先生を大嫌いになるとともに、
英語に強烈な苦手意識をもってしまったのでした。


今なら生徒が疑問をもって質問にいったのだから、
そんな言い方をしなくてもいいんじゃないの
と思うのですが…。

振り返れば中学生の時も、"a"と"the"の違いで
先生に長時間つきあってもらったりしていたので、
かなり迷惑をかけていたのかもしれません。

そして、高校は進学校でしたから、
先生も余裕がなくて、そう言ったのかな、と。。


ただ、この先生が言ったように、
勉強には「なぜ」を言わない方が
うまくいくこともあるのですね。

なぜ、manの複数がmansではなくてmenなのか?
そして、womanの複数形がwomenであるのはいいとしても、
なぜ発音が「ウーメン」じゃなくて「ウィミン」なんだ、と
どれだけ悩んでも仕方がないですからね。

でも、そんなことを黙って受け入れることができず、
ある種のモヤモヤを抱えてしまうのです。

そして、その教科が苦手になってしまう。

数学や理科では、役に立つ特性なのですが、
言語や芸術科目では、逆効果になってしまいます。


そんな風に考えると、本当に理科科目で飛びぬけた人間が
苦手なことって、ほかにもありますね。
それは「テスト」です。

テストを受けるにあたっては、
どうしても「なぜ」を捨てて、暗記にはしらなくては
いけないことがありますからね。

ということで、科学者や発明家などで、
小さい頃のテストの点は最低だった、という人結構います。

一番有名なのは、エジソンですかね。
偉大なエジソンも、小学生のときの成績は
とても褒められたものではなかったそうです。

学校の成績で人の評価をするということは
とても危険な行為ですね。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
理系さんの方が海外で上手くいっていますよ。

日本の英語教育は特殊です。帰国子女の私も、友人たちも英語の授業は???でしたよ。

夏目漱石さんは文系でイギリスでノイローゼになったらしいです。反対に理系の人はすごく上手くいくんですね。←実際に何人か見ています。(司馬遼太郎さんの本に理由が詳しく書いてあります)
私も司馬さんの意見に賛成です。文系は表現が複雑という事もあり外国人に伝えるのは非常に難しかったりします。しかし数字や理論で話を進める場合、全国共通語になるわけですね。

私は英語は実践だと思います。

ちなみにオタクの事を英語でgeeksというのですが、
最近の海外ドラマで the big bang theoryというgeeksを主人公にしたものがあります。楽しいですよー。
ではでは。
あと、csiとか科学捜査班のサスペンスものもすっごく面白いですよ。why?を充分に満たしてくれます。
bonesも。法医学?かな。骨研究者で超詳しい解説があるんです。
私はディスカバリーチャンネルが好きなんですが、これも結構whyを満足させてくれます。

一生ホワーイ?な人間でいたいですね。そっちのほうが面白いですしね。ウザがられても頑張ります!
さおり
2010/02/04 22:15
確かに、理系の方が外国人との
コミュニケーションは良いかもしれませんね。

数学は世界共通語ですし、扱っているものが
主観的でないので伝わりやすいですね。

Whyを失うと、理系として終わりなので、
それなら英語の先生に怒られるほうが、
良いと思います。
理系スタイリスト
2010/02/06 16:06
ノーベル賞といい、受賞しているのは理系の方が多いです。日本の技術力は相当なもので、尊敬され一目置かれていますよね。

自動車関係、電子関係、鉄道、農業などの分野が海外に対し国際競争力を持つのは「理系」の力を省いては絶対に語れません。

すぐには評価されにくい、地味な作業なのだと思いますが、絶対に後世の歴史に残る「ものづくり」をしていると思います。

私は日本の職人さんが好きなんですけれど、地味な仕事ですが、どこの国にいっても(スイスは別かな)これほど緻密な作業は見られません。早く国がバックアップすれば観光客なども増えるのではないかと思います。
さおり
2010/02/11 01:01
日本は島国なので外国からの支配に無縁でした。
その為、緻密な作業が可能になったのでしょう。
本当に稀有です。ものづくりに余裕を感じます。

しかし最近の、ものづくりはどうでしょう?素人の見解ですが、スピードばかりに目がいっているような気がします。もちろんスピードは無視出来ません。だけど、スピードの為に今までの日本の技術の質を落としてしまうのであれば結果として大変な事態を招く事になると思います。made in Japanのプライドは決して捨ててはいけないと思います。
信頼は築くのに長い時間がかかりますが、壊すのは一瞬だといいます。他は妥協しても、これだけは妥協しないで欲しいです。もちろん大変だと思いますが、日本の技術者なら可能だと思います。
さおり
2010/02/11 01:12
レス遅くなりごめんなさい。

スピード重視。
つまりコスト重視ですね。

でもそれは仕方ない部分もあって
世の中が低コストを求めているから。

良いものは高くても買うという
雰囲気があればメーカーには
良いのですけどね。


理系スタイリスト
2010/02/21 18:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
理系の強みが弱点に変わるとき 理系スタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる