理系スタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS 小さな愛情を大切に

<<   作成日時 : 2010/06/23 02:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


人間は使わない機能は退化していく生き物です。

車ばかり使って歩かないでいると、
どんどん足腰が弱っていきますし、
携帯電話やパソコンのメモリーに頼りすぎると、
どんどん記憶力も弱くなっていきます。

逆に、体や頭は使えば使うほど
その能力を増していくものですよね。


そして、これは能力ばかりでなく、
感情にも同じことが言えるのではないかと思うのです。

このことを一番強く感じるのが「子ども」です。

自分が子どもを持つまでは、世の中の子どもなんて
ほとんど目に入りませんでしたし、
かわいいと思うこともありませんでした。

でも、自分が子どもを持つと、
自分の子はもちろん、他の子もかわいいと
思うことが多くなってきました。

これは、子どもをかわいいと思う感情が
磨かれてきたのだと思います。


さて、これは女の子をかわいいと思う感情も
同じなのではないかと思うのです。

ほとんど職場に女の子がいない理系の職場の場合
生活が家と会社の往復になってしまうと、
女の子をかわいいと思う感情がさびついてしまいます。

ですから、たまに合コンや同窓会などで、
女の子と近づく機会があったとしても、
いまいち乗り気になれなくなってしまうわけです。

こんな、状況に陥ってしまうと、
さらに女の子に縁のない人生まっさかさまです。


でも、普段周りに女の子がいないのだから、
しかたがありません。
どうすれば良いのでしょうか?

私は、小さな感情を大切にすることが
大切なのではないかと思っています。

つまり、いくら女の子に縁がないといっても、
通勤時に少し目にすることくらいはあるはずです。

そして、そんな時、あの子かわいいな、
と少しだけでも思う瞬間があるはずです。

そんな、感情がふと自分にわいた時に、
理性で無視したり、否定したりせずに、
自分の心に現れた小さな愛情を大切にする、
こんな態度が大事でないかと思うのです。


能力を磨く努力ももちろんですが、
人間は感情を磨く努力も怠ってはいけないと思います。

そのトレーニングが、小さな愛情を大事にすること
なのではないかな、と考えています。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小さな愛情を大切に 理系スタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる