理系スタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS 理系人は詐欺師に学べ

<<   作成日時 : 2011/01/06 14:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2011年が始まりました。
あけましておめでとうございます。
今年も理系スタイルをよろしくお願いします。

さて、年が明けて最初の理系スタイルは
何やらキャッチーなタイトルをつけましたが、
要は安心と安全は違う、という話です。


例えば、飛行機は統計的に
極めて安全な乗り物だといわれています。

つまり、移動時間に対する事故の確率が
最も低い乗り物の一つであるということです。

しかし、飛行機を恐れる人は確実に存在します。

特に気にならない人でも、着陸や離陸の時、
また、気流の関係でゆれた時などは、
怖いと思うことも多いのではないでしょうか?

事故のインパクトが非常に大きいですからね。

これは、「安全」だが「安心」でな状態、
すなわち安全なのに、人が安全でないと
思っている状態ということになります。


携帯電話の電波などもこれにあたるでしょう。

例えば、携帯電話の電波により
ペースメーカーが誤作動するという話があります。

携帯電話はご存知のように、
完全に世の中に普及しています。

一方、ペースメーカーの装着者数は
日本に数十万人以上いるとも言われています。

とすると、ペースメーカーと電波は
かなりの頻度で接触しているはずです。

しかし、実は事故は一例も報告されていません。

これは、客観的に見ると「安全」といえると思います。
ただし、ペースメーカーの誤動作を
恐れている人は確実に存在する…。

つまり、これも「安全」だが「安心」でないのです。


「原子力」、「遺伝子組み換え作物」
など、テクノロジーの分野には、
安全だが安心でないものが
あまりにも多いような気がします。


ここでこんなことを考えてみました。

世の中にこれとは逆、
つまり、「安心」であるが「安全」でないものは
存在するのでしょうか?

そこで、やっと登場するのが「詐欺師」です。

詐欺師は人を騙してお金をとろうとするので
もちろん安全ではありません。

ただし、人を「安心」にさせる、
テクニックを持っているのです。

そうすると、科学者や技術者に欠けているもの、
人に「安心」を与える能力を持っている詐欺師は
学ぶべき対象である、
ということになるわけですね。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
理系人は詐欺師に学べ 理系スタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる