理系スタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS 医者になっていく人

<<   作成日時 : 2013/03/21 01:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1


今、僕の属するエレクトロニクス業界では、
すさまじいリストラが行われています。

なので、転職する人が多いのですが、
その中で医者になる、という人がけっこういます。

30歳くらいから、医学部に学士編入して
医者を目指すわけです。

学生、研修医を経て医者になるまでに
5年くらいかかりますから、たとえ貯金があったとしても
僕だったら尻込みしてしまいます。

それでも医者を目指す人が多いのは
いくつか理由があります。


まず、医者というのは年齢がハンデになりにくい
ということがあります。

例えば、エレクトロニクスのエンジニアがバイオ系に
転職したいと考えたとします。

これは非常にハードルが高いことです。
なんといっても、日本では基本的に年功序列制で
たとえ才能があったとしても、未経験の高年齢者を
企業が採用することはほとんどないのです。
実質、門戸は閉ざされていると言っても過言ではありません。

その点、医者は年齢が高くても、
医学部に合格し、指定の課程を経れば、
少なくもとスタートラインに着くことはできるのです。


また、医者にはステータスがあるということがあげられます。

エレクトロニクスの大企業には、例えば東大の大学院などという
超高学歴の方がたくさんいます。

一流大学を卒業し一流企業に入社した、
しかし、その企業が没落してしまうわけです。

彼らの輝かしいキャリアに見合うもの、
それは医者くらいしかないのです。


このように考えてみると、悪い言い方をしてしまうと
不純な動機ともいえるかもしれません。

ただ、僕はそれでも社会にとって悪いことではないと思います。

なぜなら、医者という職業は専門性ももちろん
多様性も求められるからです。

もちろん患者さんのバックグラウンドは色々です。
ですから、医者も少しでも多様性があった方が良いのです。

本当は、文系も含めてもっと色々な人が集まれば良いのですが…。
残念ながら理系のバックグラウンドがない人にとっては
入試を突破することは非常に難しいのが現実です。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
東大理系出ぐらいになると、医学部学士入学が現実的になるんだぁ〜半導体関係は、株式手を出すの最近は怖い業界だもんなぁ〜やっぱ、業績が良くない会社の株は買えないから(笑)
デスモ
2013/03/21 21:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
医者になっていく人 理系スタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる